09 | 2017/10 | 11
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -
    最新記事

    カテゴリ

    プロフィール

    大空澄人

    Author:大空澄人
    これまで自分の探求してきたものを 「いのちの波動」 というページ上で表現してきましたがPCのトラブルによりこのページに引き継がれました。一時的にご迷惑をおかけしましたことをお詫び申し上げます。

    リンク

    最新コメント

    メール宛先

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    検索フォーム

    カウンター

    煩悩と共に生きる

    2016.02.11 16:23|インスピレーション
    木の行者 1 
                        木の行者

    人は肉体に宿っている以上、煩悩なしにこの世を生きることは殆ど不可能に近いことです。煩悩があるから上に行ったり下に行ったりすることになります。それ故に学ぶことが出来るのです。

    もしすべての事を達観出来るならばもはやあなたはこの地上世界にいる必要はありません。出来ないから地上世界に来ているのです。

    コメント

    大空さん、こんにちは。
    いつもお世話になりありがとうございます。

    生きている限りは、誰もが多かれ少なかれ煩悩を持って生きているのですね。

    この4年の間に、一生懸命真理を学んで、それまでよりはこの世で起こる事象を達観出来るようになったと思います。
    それでもやはり、他人の事を羨ましく思ったり、腹が立ったり、欲を持ったりすることが多々あります。

    わたしとわたしの家族に関わる様々な出来事は、それぞれ自分の魂が決めてきた青写真通りで、どうあがいても、成るようにしか成らない…と心に言い聞かせて、出来るだけ明るく笑って毎日を送るようにしています。

    自宅の近くの公園に柳の木があります。
    柳の木は、枝葉は風に逆らうことなく、吹く風に任せてなびきながら立っていますが、その根っこはとても強靭でよくはっているそうです。
    柳の葉が風になびくのを見ると、こんな風に生きていけたらいいなと思います。

    No title

    大空さん いつもありがとうございます。

    地上界で肉体を以て 生きている私たちには煩悩がないなんてありえませんよね。

    私の体験ではいろいろなたくさんの煩悩で苦しむんではなくて 数少ない限られた煩悩で苦しみます。

    同じ煩悩でこれでもかこれでもかと何回も苦しみます。

    それは人によっては嫉妬であったり、強欲であったり、残酷さであったり、性的な欲望であったり それぞれです。

    その中で同じ煩悩に苦しむのはきっと今回 地上界で学ばなくてはいけないそれぞれの人のテーマなんですね。

     私は今回の再生のテーマはあれかなあと心当たりがあるものがあります。

    なぜなら その同じことで苦しむような出来事が何回もおこるから。。

    そのテーマの煩悩が無くならないと 何回もおなじことが起こってしまいます。

    いつもありがとうございます。

    大空さんこんにちは。

    ワタシも同感です。特に【煩悩があるから上に行ったり下に行ったりする】毎日
    だけにそれが学びになっているのですね。
    真理を学び、利他の精神で…と日々努めていますが、やっぱり人間である以上すべてに
    達観する事は難しいものです。

    ただ…真理を学ぶ前にべたら煩悩は一寸は少なくなった様に感じるのは少しだけ成長した
    って事でしょうか?

    これからも宜しくお願い致します。

    No title

    mm mama さん

    そうですね。人間は本来どうにもならないものをどうにかしようとするから苦しみが起きるのですね。それが理屈として分かっているのにいざ自分の身にそれが起きるとうろたえてしまいます。

    それでも時間がたてば落ち着き、ああそうかこれはこういうことなんだと腑に落ちます。そうなるまでの時間は真理を学ぶにつれて短縮されていくと思います。

    本当にそういう繰り返しですね。柳の木のようにしなやかに物事を受け流していけたらいいですね。同感です。

    No title

    小林さん

    同じ種類の悩み事、確かにそうですね。私も性懲りもなく同じような事を繰り返しています。それは自分の欠点修正のためのトレーニングなのでしょう。前世から持ち越したものかもしれません。私たちはそのトレーニングをうけているのですね。

    霊的に見ればそれに感謝するべきなのかもしれません。なかなかそうは思えないものですが。シルバーバーチの言うように霊界に行った時にそのことに感謝するような気持ちになるのでしょうね。

    No title

    ヒデおじさん

    霊的な成長は牛歩のごとくで時には後退しているように感じることがありますね。現在の地上世界の出来事を見ていると一時的に後退しているように思えてしまいます。

    それでも長期で見れば前進していることになるのでしょう。地上の人間には長期的視野で見ることは大変難しいことでしょう。

    私自身も10年前に比べたら少しは進歩したのかなと思っています。
    非公開コメント