05 | 2017/06 | 07
    - - - - 1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 -
    最新記事

    カテゴリ

    プロフィール

    大空澄人

    Author:大空澄人
    これまで自分の探求してきたものを 「いのちの波動」 というページ上で表現してきましたがPCのトラブルによりこのページに引き継がれました。一時的にご迷惑をおかけしましたことをお詫び申し上げます。

    リンク

    最新コメント

    メール宛先

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    検索フォーム

    カウンター

    霊的視野を持つには 

    2016.02.19 07:06|インスピレーション


    IMG_0001.jpg

    霊的視野を持つためには霊的エネルギーを取り入れることが必要であり、理屈だけでは無理があります。人は霊的感性で真理を理解します。何故なら霊的理解力や悟りは顕在意識を超えたものだからです。その為の手段が祈りと瞑想です。

    コメント

    No title

    大空さん いつもありがとうございます。

    神を身近に感じたい。
    守護霊を身近に感じたい。

    目に見えない 耳に聞こえない神・守護霊を身近に感じる努力をしていますが、そう簡単にできることではありません。

    しかし 最近の大きな収穫は一人暮らしでも寂しくなくなったことです。

    誰かに見守られている感じが少しするようになってきました。

    ウォーキングの時に夜空を見上げながらお祈りをする時に特に感じます。
     
    これは理屈では説明できない 不思議な感じです。



    No title

    小林さん

    霊的視野を持つとは悟ることであり、昔から悟りを求めて多くの人たちが修業をしてきたわけですね。

    悟りの境地というものは言葉で表現できないものだと思います。逆に言えば言葉で表現できるものは限られていて物質界以外のものを分かりやすく表現することは本来無理なのです。知識人で臨死体験を追究している人がいますが視野が物質界に限定されているのでどこまで行っても堂々巡りです。

    本当に悟るためにはこの物質界だけの視野では無理であり、そのためには自分の中に宿る神の存在を身を持って知ること、そこに集約されると思います。霊的エネルギーが流入するようになれば人間は自然にそうなってくるでしょう。
    非公開コメント