04 | 2017/05 | 06
    - 1 2 3 4 5 6
    7 8 9 10 11 12 13
    14 15 16 17 18 19 20
    21 22 23 24 25 26 27
    28 29 30 31 - - -
    最新記事

    カテゴリ

    プロフィール

    大空澄人

    Author:大空澄人
    これまで自分の探求してきたものを 「いのちの波動」 というページ上で表現してきましたがPCのトラブルによりこのページに引き継がれました。一時的にご迷惑をおかけしましたことをお詫び申し上げます。

    リンク

    最新コメント

    メール宛先

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    検索フォーム

    カウンター

    通路としての条件

    2016.02.23 10:26|インスピレーション
    浅間山

    霊界と地上の通路になる人間にはそれなりの条件が求められます。自分を確立し外からの影響によってグラついたりすることのない人間でなければなりません。霊界から見て信頼できる人間であるということです。

    そして素直であり愛豊かである事、利他の精神を持ち向上心のあること、それから最も大切な条件が霊的感性豊かであることです。感性のない人間は通路にはなれません。条件を満たせる人間は限られます

    コメント

    No title

    大空さん いつもありがとうございます。

    とても ハードルの高い条件なので もちろん私には足りないことばかりで、首が痛くなるほど 上を向かないといけません。

    しかし 妻の他界後 この条件に向かい合う環境を与えていただいたことは感じますし、そのことに対してはとても感謝しています。


    守護霊や妻などの導きにしたがって 少しずつ利他的実践をしていきたいと思っています。



    No title

    小林さん

    そうですね。ハードル高いと思います。
    でも霊界側は地上の人間のレベルはわかっているでしょう。あいつはレベルはあまり高くないけど他に懸け橋になれる人間がいないので気長に導いていこうということでしょう。やはり理想は高く掲げないと人間は努力しませんから。

    真理普及に携わる者はその他の人よりも鍛えられなくてはいけませんからね。試練が来たときに高いハードルを見上げると気力が湧いてくるか、恐れをなして退散するか、霊界ではきちんと見ていると思います。

    いつもありがとうございます。

    大空さま。

    通路になる人間…確かにそれ相当の条件があるんでしょうね。
    小林さんも書かれている様に、確かにハードル高そうです。

    ワタシもまだまだ。なので素直に利他の精神で日々いきたい
    って実践しています。

    今日もひとつ…自分のハードルがクリア出来た事がありました。
    心の中では出来るかな?って恐れもありましたが。
    神様は絶対見ててくれるので、これからも志は高くいきたいですね。。。

    No title

    大空様 いつもありがとうございます。

     「自分はない。神の子がいるだけ」と宣言されていた先人の言葉が数十年間、私の心の片隅から離れませんでした。

     私は生来がぐうたらな性分のため、祈りや瞑想もええころ加減ですが、今朝、祈りも瞑想もしないのに、半覚醒の状態の中で、自分が神と一体になり、宇宙も自然も、草花も小鳥さんたちも自分そのもの、うれしい~、楽しい~、何とも言えぬ至福の心情に包まれました。

     そして「あぁ~、これが霊主肉従なのか」と実感しました。無知、未熟な私なりの感得なので霊主肉従と言って、やっぱり肉にひっかかっている自分を認めることができました。

     「霊界の目」から自分を眺める――なんとまぁ~政治も日々のニュースも、それにひっかかっている自分も、感嘆の至りです。

     ありがとうございます。

    No title

    ヒデおじさん

    先は長いですね。コツコツと自分の出来る事をしていけばいいのでしょう。
    一足飛びの進歩はないわけですから。霊的進歩は一生ものですから目標をしっかり定めてそこからずれないようにすればいいのだと思います。

    そして時々は報酬を受け取るようになっているはずです。霊的な向上にむけて無駄な努力はないと思います。

    No title

    kuny さん

    神や宇宙と一つになったように感じる状態を神人合一といって無上の陶酔感を味わうとされています。それは昔から悟りの境地とされ修行者の目標とされてきたようです。急激な霊的エネルギーの流入によって起きるとされています。kunyさんはそういう状態を体験されたのでしょうか。

    そこまでいかなくても祈りや瞑想の時に例えようもない幸福感を感じることがあります。エネルギーの流入の度合いによって様々な感覚が起きるようです。真理の理解力の鍵は知識と共に霊的エネルギーをどれだけ受け入れているかということだと思います。

    非公開コメント