04 | 2017/05 | 06
    - 1 2 3 4 5 6
    7 8 9 10 11 12 13
    14 15 16 17 18 19 20
    21 22 23 24 25 26 27
    28 29 30 31 - - -
    最新記事

    カテゴリ

    プロフィール

    大空澄人

    Author:大空澄人
    これまで自分の探求してきたものを 「いのちの波動」 というページ上で表現してきましたがPCのトラブルによりこのページに引き継がれました。一時的にご迷惑をおかけしましたことをお詫び申し上げます。

    リンク

    最新コメント

    メール宛先

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    検索フォーム

    カウンター

    一人ぽっちの人間はいない

    2016.03.09 10:39|真理を求めて
    八方池へ 

    あなたはたった一人で生きているのではありません。この世でも霊界からも常に見守られている事を忘れてはいけません。愛に包まれていることを知ってください。あなたはそのお蔭でここまで来られたのです。特に霊界からは無償の愛を受け続けています。どんな時にも決して見放す事なく守り、導いてくれている存在がいることを知ってください。


    コメント

    No title

    大空さん いつもありがとうございます。

    寂しがりやの私が妻を亡くして 一人暮らしなどできるのかと最初のころ心配していたのですが、全く 今 寂しくありません。

    守護霊やたくさんの背後霊が私を見守り、導いてくれているという霊的真理は私が一番信じている大切な摂理です。

     守護霊がどんな方か私はわかりません。
    たくさんの背後霊もどんな方かわかりません。

    でも、私を見守ってくれている霊の中で私がよく知っている霊がいます。

    それが妻の千秋です。

    妻の千秋が見守って 導いてくれていることが分かっただけで十分です。

    だから 一人暮らしでもちっとも寂しくないんですね。



    No title

    小林さん

    誰もがあちらから見守られていることを実感出来ればいいのですがそれには条件があると思うのです。どこでそれを感じるかと言えば五感を超えたものが感じ取るわけですね。唯物的発想ではわからないわけです。瞑想や祈りによって自分の霊感を高めていく必要があるということですね。

    No title

    毎朝、空を見上げ暫く今日も生かせて頂いてる感謝を込めて
    祈るひとときに…柔らかな雰囲気に包まれている時がある感じがします。
    あくまで感じがしますですが。

    そして1日…頑張っていこうと家を出ます。
    それがワタシの1日の始まりであります。。

    No title

    ヒデおじさん

    かすかに温かなものを感じるということですね。
    おそらく親和性を持った霊がすぐ近くに来てくれているのでしょう。

    地上の人間は情緒が不安定であり、気分の変動が大きいです。

    あちらの人はそういうことはありません。

    また意見が対立することもありません。静かに陰から見守ってくれています。
    非公開コメント