07 | 2017/08 | 09
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31 - -
    最新記事

    カテゴリ

    プロフィール

    大空澄人

    Author:大空澄人
    これまで自分の探求してきたものを 「いのちの波動」 というページ上で表現してきましたがPCのトラブルによりこのページに引き継がれました。一時的にご迷惑をおかけしましたことをお詫び申し上げます。

    リンク

    最新コメント

    メール宛先

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    検索フォーム

    カウンター

    祈りの時の心得

    2016.03.13 15:00|インスピレーション
    白馬三山

    幸せな気分で祈る事、これが最も大切である。高級霊や霊界人は悩み事の殆ど無い世界にいるので地上の人のように暗い気分でいることはない。幸せ、喜びの世界にいるので地上人の暗い心、低い波長とは合わない。

     

    従って地上側も明るく幸せな気分で霊界の人達と接することが通じる秘訣である。愛の心、感謝の心を持って祈りの場に臨むことが必要であり、それによって霊的エネルギーが注入される。

     

    暗い気持ちで祈らない事、暗い気持ちは高い界層とは波長が合わず低い界層と合ってしまう。位牌などは暗い気持ちにさせる。もし何かシンボルが必要ならば明るいものが良い。


    コメント

    No title

    大空様 いつもありがとうございます。

     今回のテーマは自分にとって高い位置からのお教えなので、そうとは分かっていてもまだ、その境地には到達できません。

     高級霊、そして幸せの境地におられる霊界人でも、アラン・カルデックが言う「目的に達した霊は必ず、他の霊と同様に、未熟な状態から試練の段階を経て徐々に向上して行った霊なのである」ということなのですよね。

     ややもすると高級霊、霊界人たちは、いきなりその境地におられる――と思われ勝ちですけど、数々の試練をくぐり、今の境地におられることを思うと、先達として尊敬と感謝を捧げずにはおれません。

     祈りの心構えの基本はお教え頂きました。ただ、私の場合は、かつて職場でお世話になった諸先輩、先に物故者となった同僚、早逝した学友など数十人に及びます。一人ひとりに意識を向け、感謝の念を送っているのですけど、イメージとしては、どう描くべきでしょうか。また「そんなことする必要はないよ」と言うものでしょうか。

     お世話になった上司が「休む前、一人ひとりの名前を上げて感謝の念を送ってから休んでいるよ」がヒントでした。
     
     私の場合祈りは、自分のため、よりも、人のためが多いような気がします。

     無知、未熟なものですので……。

    No title

    大空さん、いつも更新ありがとうございます。


    ごく最近になって、背後霊の方々のお導きだったんだなと感じるようになりました。

    これまでは、なぜ次々と問題が起こるのだろうと、文句や不平不満だらけでした。

    必要だから起こっていたんだ、辛抱強く見ていてくださっていたんだ、と思えるようになりました。


    祈りの内容も、変わってきました。

    以前、神社仏閣めぐりをよくしていた頃も、さんざんお祈りしてきましたが、お恥ずかしいような祈りだったな、と思います。

    とはいえ、まだまだ未熟な祈りだと思います。

    少しずつ、段階を踏んでいくしかないのでしょうか。


    いつもありがとうございます。

    こんばんは。

    霊的真理を学ぶ前はワタシも…物理的意識での祈りばかりでした。
    しかもその様な時は窮地に追い込まれ藁をも掴む一心で。恥ずかしい限りであります。

    今では少し変わり朝…今日を生かせて頂ける感謝、就寝時…いままでの人生…無事過ごせてこれた感謝と今日1日を自分なりに精一杯出来た報告として祈りを捧げています。

    何となくですが、最近…起こる事をスムーズに受け入れる事が出来、気持ちも楽に過ごせ
    ています。。

    No title

    大空さん いつもありがとうございます。

    私は私にとって最大の悲しみ 苦難を霊的真理によって乗り越えることができました。

    この霊的真理に出会わなければ私はまだまだ 悲しみの中にいたことでしょう。

    もちろん この苦難は自分で計画してきたことで苦難の先は霊的真理に出会うことでした。

    守護霊や多くの背後霊の導きで霊的覚醒ができました。

    導いていただいた多くの霊に本当に感謝いたしております。

    しかし この地上界には霊的真理にまだまだ 目覚めていない方がたくさんいらっしゃいます。

    知人の苦難に対しても霊的真理に目覚めれば この苦しみを乗り越えられるのになあと思うことが多くあります。

    しかし 本人にその時期が来ていないことにはどうしようもありません。

    その知人には霊的真理に目覚めてもらえるように祈るばかりです。

    私が霊的真理に目覚めたのは 苦しみの方々の救いのお力添えをするためです。

    まだまだ 利己的な私です。

    本当の利他愛を実践し、少しでも霊界の道具としてお役に立てることができる自分になれるようにただただ 毎日お祈りするばかりです。









    No title

    kuny さん

    コメント返信遅くなりました。
    この啓示は信仰心を表現しています。
    知識を得たら自然に神の叡智に対する信仰心が芽生えてきます。

    人智を超えたものを仰ぎ見る気持ちになるとそこに一切をお任せという心境になれます。
    そして地上の雑事はどうでもよくなり無上の幸せを感じるようになります。

    幸せを感じて祈ると喜びに満たされます。自然に自分の波長も高くなりより高い界層と通じやすくなります。

    No title

    ゆきこさん

    返信遅くなりました。

    後で振り返って見ればその時点での自分は目が塞がれていたと思うようになります。その時わかればいいのですがその時にはわからないのです。

    出来るだけ長い目で見ることはとても大切ですね。その時点だけで判断すると正しく見ることが出来ません。これが肉体を持った人間の致命的弱点だと思います。

    No title

    ヒデおじさん

    返信遅くなりました。
    真理を学び宇宙の実態を理解できるようになると自然にどう生きればよいのかがわかってきます。祈りの方もピントが合ってきます。一層のご精進を祈っております。

    No title

    小林さん

    同感ですね。わかってほしいなと思うことはしょっちゅうです。
    以前はよくジレンマを感じていました。でもこればかりはその人自身のことですからこちらが直接手を下すことは出来ません。我慢が大切ですね。

    よき霊界の道具は静かに自分の出番を待つこと、それだけですね。
    非公開コメント