08 | 2017/09 | 10
    - - - - - 1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    最新記事

    カテゴリ

    プロフィール

    大空澄人

    Author:大空澄人
    これまで自分の探求してきたものを 「いのちの波動」 というページ上で表現してきましたがPCのトラブルによりこのページに引き継がれました。一時的にご迷惑をおかけしましたことをお詫び申し上げます。

    リンク

    最新コメント

    メール宛先

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    検索フォーム

    カウンター

    目的は果たせたか

    2016.03.25 09:33|真理を求めて


    IMG_0051.jpg 

    家族を守り、家を維持し、子を育てて一人前にし、自分の責任を果たした。社会への貢献も出来た。不正な事もせず真っ直ぐに生きてきた。

     

    時に煩悩から起きる衝動に負けることもあったがそれらは一般的な人間の行いの範囲内のことであった。全体としてみればそういう人間はこの世に生まれて来た目的は果たせたと考えればよいであろう。



    追記
    これは一月に感得したメッセージですがごく普通の人生を送ってきた人間は霊的にどのように評価されるのかという話です。大きな間違いも犯さず人としての道を外れる事なく生きてきた人間は死後の境遇を案ずる必要はないということです。霊界の審判に繫がるものでしょう。

    尚、現在更新している記事は2か月以上前に感得したものです。このページは4日に一度更新していますがかなり貯まってきています。

    コメント

    No title

    大空さま

    このわずか数行で書かれた人生をまっとうすること、
    この中で普通の人々が味わう喜び苦しみ、希望や落胆、そして迷いや心配事、時には絶望、
    これらは縦糸と横糸を織りなすようにしてついてまわります。

    普通の人々も、人知れず、地を這うような苦しみを味わう時期がありますよね。
    それを何とか努力や時間薬に頼ったりしながら乗り越えていくのですよね。
    思うと、私たち普通の人々もすごいじゃないかと感心します。

    あの世に旅立つ前に、人生の目的を果たしたいものです。

    No title

    ラピスさん

    人生で為すべきことは単純なのですがそこに様々なものが纏わりついてきますね。
    重い抵抗体の中を通過しているようなものであり、おまけに先が見えません。

    しかし自分が望んでそういう場所に来ているのですから仕方がありません。
    時間薬!面白い表現ですね。何かが自分の中に居座っていて苦しいことがあります。
    それは自分が未熟故に作っていることなのですが、やがては時間の経過と共に消えていきます。そしてまた新たなものが居座ってきます。

    こういう事は神に全幅の信頼を預けられるようになれば無くなるものでしょう。
    容易な事ではないかもしれませんがその境地を目指したいものです。

    自分の好きな事をして楽しむことも必要ですね。すると心が軽くなります。

    今生は、我が子に先立たれたり、といわゆる普通の人生とは外れてしまったようですが、これもまた永遠の中の一コマにすぎないのかな、と思います。

    いつもありがとうございます。

    大空さん、こんばんは。

    今回のテーマはワタシも『来るべきその時に自分はどうなんだろうか?』
    と時々…死後の境遇を案じている内容です。とても励みになります。

    今はまだ3/4が過ぎた位でまだまだ途中ではありますが、少しでも人の…
    そして世の中の役に立てればと精進していきたいです。。

    No title

    ゆきこさん

    この世は両極を味わうようになっているようですね。どちらか一方だけでは本当の価値がわかりません。
    玉石混交の環境の中で洞察力を磨くためにこの世に来ているのですからネガティブに思える事も自分を磨くための触媒なのでしょう。

    霊界に行けばそういうものはないでしょうからそういうものを味わうのは今だけということになると思います。本当に永遠の中の一コマですね。

    No title

    ヒデおじさん

    霊界の審判の心配をしていたのですか?そういうことに考えが及ぶ人は真理の理解度が高いと思いますのでご心配無用でしょう。

    人生後半になっても利己的な生き方をしているような人は大体それまでどういう人生を送ってきたか察しが付きます。急に生き方を変えることは出来ませんから死後にはそれまでの自分の業を精算しなければならないでしょう。

    傲慢で人の迷惑を考えない、陰で悪い企てをしてきたような人は死後の運命を考えると哀れに思えます。でも当人はそういうことには理解が及びません。
    非公開コメント