07 | 2017/08 | 09
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31 - -
    最新記事

    カテゴリ

    プロフィール

    大空澄人

    Author:大空澄人
    これまで自分の探求してきたものを 「いのちの波動」 というページ上で表現してきましたがPCのトラブルによりこのページに引き継がれました。一時的にご迷惑をおかけしましたことをお詫び申し上げます。

    リンク

    最新コメント

    メール宛先

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    検索フォーム

    カウンター

    霊の声を伝える者

    2016.04.01 16:47|インスピレーション


    霊的真理を伝える者は社会の中で目立たぬ方がよい。この世の人間から注目されないほうが良い。目立つと余計なものが入ってきて霊界からの通信を阻害する。霊の声を伝える者はあまり人の目に触れないほうが良い。




    追記
    まだまだ霊的真理が理解されていない世の中の現状では霊的真理の普及に努める人は目立たないほうが良いということです。本来霊界で立てられた計画である霊的真理の普及は霊界の力によって静かに人知れず浸透していきます。遥かな未来においては霊的真理が常識になっているでしょう。その時は真に平和な世になっていることでしょう。

    コメント

    No title

    すべての人に霊能が備わり、霊界の諸先輩との日常を楽しむ――、まさに地上天国が将来は訪れるのでしょうか。

     最近、神道の神々が告げる「言霊を正しなさい」に引っかかっていました。「霊界に行けば発声器官はないのになぜ?」が疑問でしたが、ふと、旧約聖書創世記の「神、光ありと言えば、ありきか」がアタマの片隅に浮かび、「そうか、言霊というのはシルバー・バーチが口酸っぱく言う「思念のことか」と短絡的ではありますが、思い至りました。

     霊能者ではなくとも、今、自分でできること、私の場合は道々でのゴミ拾いと小鳥さんたちへのエサやりです。人に優しく、動物にも、草花にも、自然にも――がモットーです。「法こそ正義」と間違った壮年期もありましたので、反省しきりです。そして罪、過ちの過去に慄然としています。

     大空様 気づかせて頂き、ありがとうございます。

    No title

    kuny さん

    私は単純に人としての道を外すことなく誠実に生きていけばそれでいいのだと思っています。そして難しい事を考えず、その時々で自分の出来ることをしていくことが神の意図する人間の生き方でしょう。

    いつもありがとうございます。

    大空さん、こんばんは。

    物質世界に関わる人生の中で、世の中の皆様より少し早く
    霊的真理を学ぶ事が出来ました。

    物質オンリーな人に解って貰える様…その場面が訪れた時
    その人に伝えていきたいと思います。但しそれは強制ではなく
    解って貰えなくても良いというスタンスで。

    これもきっとワタシに与えられた仕事なのでしょうね。。

    No title

    ひでおじさん

    私はNHKの朝ドラを見ますがその中にも霊的真理の一かけらが表現されるようになっています。この間、「あさが来る」のドラマのなかで、”あさ”の夫が病気で死期が近づいていることを知って「人間は肉体が死んでも霊として生き続ける」ということをチラッと言っていたように思います。

    ドラマの作者も大っぴらにではなくさりげなく表現したかったのでしょう。その裏では霊界からの働きかけがあると思います。

    真理を伝える者は先頭に立つのではなく自分の出番が来たらさりげなく霊的真理を伝えてあげることが大切だと思います。あくまでも主力は霊界の高級霊や組織であり、目に見えないところでその力が働いています。最近それを実感しています。

    非公開コメント