09 | 2017/10 | 11
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -
    最新記事

    カテゴリ

    プロフィール

    大空澄人

    Author:大空澄人
    これまで自分の探求してきたものを 「いのちの波動」 というページ上で表現してきましたがPCのトラブルによりこのページに引き継がれました。一時的にご迷惑をおかけしましたことをお詫び申し上げます。

    リンク

    最新コメント

    メール宛先

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    検索フォーム

    カウンター

    悟れた者は幸せ

    2016.04.13 09:52|インスピレーション
    IMG_0025.jpg 

    悟れた者は幸せです。この世に生まれて来た目的を達成出来たことになるからです。悟る事(霊的に成長する事)がこの世に来た最大の目的であったからです。この世での富や財産や社会的地位は幻のようなもの、本当は実在しない(人の思念によって作られ一時的にこの世にだけ存在している)ものです。それらは一時の飾りに過ぎないのです。

    だから死と共に消えていくのです。あなたはこの世でそれらのものをまとっていたに過ぎないのです。実在のものは肉体が滅んでも消えていくことはありません。実在でないものは消えていくのです。

    コメント

    いつもありがとうございます。

    大空さん、おはようございます。

    ワタシが思うところ、霊的に悟る練習をしているという感じです。
    人間である為に行ったりきたりがありますが、全ての局面で霊的に
    悟る事が出来れば、達成ということになるんでしょうね。

    そしてあちらに行った時…すんなり溶け込めるんでしょうね。。

    No title

    ひでおじさん

    この世にいる事自体が霊的修行ですね。
    特別な修行をするよりも日々の生活こそが本当の修行だと思います。

    その中で少しずつ向上して行けたらいいですね。
    大半の人は余計な心配をして毎日を暮らしていると思います。
    取り越し苦労という一人相撲をとっているのですね。

    そこから脱するには真理を悟る必要があるということですが簡単なことではありません。
    一生ものですね。そのために人間はこの世に来ているのだと思います。

    No title

    大空さん いつもありがとうございます。

    今年の4月28日で妻が亡くなって丸3年になります。

    妻が他界してからの年数は私が霊的真理を学んだ年数になります。

    妻が霊界で幸せにしているという知識を持ちながら、妻の苦しんでいる時を思い出しては号泣していた1年目。

    霊的真理が身に付き、妻のことを思っても悲しくなくなった2年目。

    そして 霊的真理は自分を救うためだけのものではないという当たり前のことに気が付いた2年目でもありました。

    3年目になって 姫路シルバーバーチ読書会を毎月開いたり、朝、ポイ投げのごみを拾うようにしたりなど 利他愛の実践に向けて少しずつ動き出すことができるようになりました。

    もうすぐ4年目になります。

    また さらに自分が変わるような予感がします。

    とても 楽しみにしています。

    No title

    すみません

    追伸です。

    ですから 今私は幸せです。

    昨日 たまたま ある霊的真理をご存じでない方に 今 幸せかどうかの話になりました。

    私は

    「僕も千秋(妻)も今 しあわせだよ。千秋が亡くなる前より今の方が幸せだよ」
    と答えました。

    霊的真理をご存じでない方でしたので 霊的真理を知ったことによってという理由を言わなかったのでとても 不思議な顔をしていました。

    頓得(とんとく)の悟り

     私がまだ10代のころ、スピリチュアリズムに関する小紙をボランティアで寄贈してくださる女性行員がいらっしゃいました。
     そこに書かれていたのは「血沸き、肉躍る」「頓得=悟り」についての現象面の説明でした。

     それから半世紀以上たった今、再度スピリチュアリズムに接し、真理の小片にたどり着いたのでしょう。全身が湧きあがるような喜びと幸せ、楽しさを味わうことが、時々あります。

     「頓得」とはこのことか。大空さまがおっしゃる「悟り」もこの部類の小片か‥など観ずるのです。

     でも、まだまだ。大悟には至りません。白隠禅師は「大悟18回、小悟は数知れず」と語っています。

     でも夜半の地震に右往左往している自分もあります。娘婿の実家は熊本、かつて他社の記者として競い合った友も震源地の隣町です。お見舞いの電話を入れながら、顕幽二つの面に遭遇し悩んでいる自分もあります。

     ありがとうございます。

     、

     きづかせい

    No title

    小林さん

    霊的真理が理解できない人は理解するための感覚器官が無いのです。
    そういう話をするときょとんとしている人はそう考えていいと思います。

    感覚器官という表現はおかしいかもしれませんが私はそう感じることがあります。

    No title

    kuny さん

    どう表現しようと真理は一つだと思います。それを伝える人を通して真理が降りてくると様々な表現方法を取るでしょう。

    今九州は大変な事になっていますね。大きな余震が続き、収まるまで時間がかかりそうです。あのあたりには断層があったようですね。被災された方々の心身の安泰を祈っております。
    非公開コメント