09 | 2017/10 | 11
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -
    最新記事

    カテゴリ

    プロフィール

    大空澄人

    Author:大空澄人
    これまで自分の探求してきたものを 「いのちの波動」 というページ上で表現してきましたがPCのトラブルによりこのページに引き継がれました。一時的にご迷惑をおかけしましたことをお詫び申し上げます。

    リンク

    最新コメント

    メール宛先

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    検索フォーム

    カウンター

    霊の世界からの援助

    2016.04.16 09:44|インスピレーション

    IMG_0027.jpg

    難しい事、自分の力の及ばないと思える事は背後霊に委ねることです。必ずそれなりの援助を授かります。自分を投げ出してお任せするのです。

    あなたは何でも自力で問題を解決してきたと思われるかもしれませんが実際には霊の世界からの援助を受けているのです。援助が無かったとしたら事態はもっと厳しいことになっていたでしょう。

    但し何でも頼るようではいけません。まずは自分が全力を尽くした上でないと援助を受けることは出来ません。

    コメント

    No title

    大空さま

    いつも私事で恐縮なのですが、こんな形で奇跡(背後霊の方々の支援)が起こりました。

    住む所がなくなり、友人の家業を週3回無給で手伝うことで居候をさせて頂きました。
    そんな生活が2年近く続き、自立の道を探していました。

    還暦近い年齢で、面接もままならない状況で、やっとチェーン店の調理場が見つかり6ヶ月働きましたが、自立のためには金額が足りませんでした。

    そんな折、年に数回利用するバス停で並んで待っていました。すぐにバスが来ればそのまま乗り込んで目的地に到着でしたが、なぜかバスが30分待っても来ません。

    その時、前に並んでいた女性と目が合い、「暑いですね」と話しかけたのが始まりで、それから間もなく来たバスに隣同士で座り、色々なことを話し、お互いにどんな仕事をしてきたかまで話が弾みました。
    バスを降りるときに連絡先を交換しました。

    それから2日後に彼女から電話があり、彼女のご主人がやっておられる数名の小さな事務所で、私が前職で担当していた仕事を出来る人を探しているので面接に来ませんかとのことでした。

    面接に受かり、自立できるだけの時給を頂き、あれから6年、定年もなくいつまでも好きなだけ働けます。

    後で聞きましたら、彼女がそのバス停をあの時間帯に利用したのは初めてのことだったそうでした。

    こういう形で援助が届くのだと思い、感謝の気持ちでいっぱいです。



    No title

    大空さま

    熊本・大分地区では地震が相次いでいるようですね。

    外国に住んでいるものですから、日本のニュースをこちらでも観れるのですが、こんな大きな災害とは思わず、ゆっくりとコメントをしてしまいました・・・。

    被災された方々の映像は心が痛みます。心よりお見舞い申し上げます。

    No title

    ラピスさん

    霊界からの援助は殆ど人との出会いにおいて現れてくるようです。その人物と出会うように色々と計らいをしてくれるのです。裏では涙ぐましい努力がなされているのでしょう。それをしてくれるのはおそらく自分の守護霊だと思います。

    その日にどちらに行こうか、何に乗っていこうかなどと自分で判断するわけですがその場面で影響力を及ぼしてくれるのでしょう。思念を送ってくれて受けた方は自分で判断してそうなったのだと思っていることでしょう。

    私たちは自分で何事も判断していると思っていますが実際には守護霊からの思念を強く受けているはずで知らないだけということになります。肝心な場面ではあちらに行ってはダメだよ、こっちにしなさいという具合です。

    本当に今回の地震は痛ましく感じます。余震がしつこく続いていて被災者の方々の心労は如何程かと推察します。それでも自然の営みもいつかは終焉するでしょう。その時の早からんことを祈ります。

    テレビで見る被災者の方々の態度は思ったより取り乱してなくて実に立派だと思います。
    東北大震災の時も海外から賞賛されました。日本人は高い霊性を持っているのだと思います。

    大空さんへ
    お久し振りです。いつも読んでいます。
    想像出来ないほどに背後で働く計らいに感謝して生きたいと思います。
    娘が死んでから霊界のことに心を向けるようになりました。想定外のことがあるとその対処に必死で、霊界の計らいに感謝出来なくなります。そんな時こそ霊界では大変な計らいをしてくれているのですね。
    辛くても決して一人ではないので、この時間を大切に精一杯頑張って生きていけたらと思いました。

    いつもありがとうございます。

    大空さん、こんばんは。

    確かにそれが生きる上で一番良い方法だと思います。
    自分今を一生懸命やり、後で見守って頂ける方に委ねる。

    そうすればきっと良い方向付けがおのずとされるのではないでしょうか。

    今回の震災も自然の力を見せつけられました。被災者の皆様の御苦労を思うと
    私も心が痛みます。その中でいつも感じますが、日本の高い霊性は本当に誇りです。

    自然は負もあれば、大きな恵みも与えてくれます。
    人間は昔からその様な中で生きてきたのだな…と改めて感じさせられました。。

    No title

    みやさん

    想定外の事が起きてパニックになると霊的な自分はどこかに忘れてきています。
    いかに霊的意識を取り戻すかということですが訓練を重ねると短い時間で我に返る(冷静な自分は結局霊的な自分)ことが可能だと思います。

    それがこの世の修業だと思います。人間は霊的な自分と肉体的本能からくる情動(パニック)の間を行き来しながら学ぶようになっているようです。

    守護霊は常に見守って色々と指示をくれていると思います。それに気づけば一層絆が深まると思います。

    No title

    ひでおじさん

    地震が起きるたびに感じることは今の科学では地震を予知する事は出来ないし、まだまだ分からないことだらけです。自然の営みは人間の思惑とは無関係に続いていきます。人間界とは別の法則が働いているのでこちらの望みどおりにはなりません。

    この変転を繰り返す地球の姿を見ると地上は終の住処ではないという言葉の意味を別の角度から見るような気がします。地球は優しいけど厳しく破壊的なところがあるので人間が常に平穏に暮らしていける場所ではなく、やはり一時の住処であり本来の住処は霊界にあるのでしょう。

    地球は若くてこれからも人間の意志とは関係なく胎動を繰り返すであろうとシルバーバーチは言っていますね。

    No title

    いつも拝見しております。
    大空さんの心に響くお話にいつも励まさ、ヒントを頂きながらがんばっておりました。
    以前、悩み迷っていた時期にこちらに愚痴のようにコメントを書き込みましたが、大空さんからお言葉を頂いて、踏ん張って、あの時の自分の殻から抜け出すことができました。その後も言ったり戻ったりの繰り返しもたくさんあって、めげそうにもなりますが、なんとか今はだいぶクリアでき、落ち着いてきた気がします。
    あの頃の自分を思い出すと恥ずかしいのと、もうあの未熟さには戻らないぞという思いが湧いてきます。
    本当にありがとうございました。
    霊界から支援してくださっている方々は、こんな未熟な私に、いつも本当にたくさんのことをして助けてくださいます。どんなに感謝しても足りなくらいです。
    以前はやるべき目的がはっきりしないのですが、と書いていたのですが、今では何をやるべきことが具体的にある程度は分かってまいりました。
    背後にいてくださる霊界の皆さまと手を携えて、やるべきことを成し遂げられるよう、ますます小さな自我にこだわらない生き方ができるよう、少しでも霊界の方々のお役に立てるような人間になれるようにこれからも精進してまいります。
    こちらのブログを拝見して大空さんのメッセージを見ることができましたのも、お導きと思っております。本当にありがたいです。
    ありがとうございます。

    No title

    そらさん

    私達が自分で考えてやっていると思う事の中には導きによるものが含まれていると常々思います。守護霊は私達の自由意志は尊重しなければならないという原則があるのでそれに触れない範囲で様々なヒントを授けてくれていると思います。ありがたいことですね。

    私のブログが何らかの助けになっているなら大変嬉しいことです。
    これからも山あり谷ありでしょうがそらさんの一層のご精進を祈っております。
    非公開コメント