05 | 2017/06 | 07
    - - - - 1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 -
    最新記事

    カテゴリ

    プロフィール

    大空澄人

    Author:大空澄人
    これまで自分の探求してきたものを 「いのちの波動」 というページ上で表現してきましたがPCのトラブルによりこのページに引き継がれました。一時的にご迷惑をおかけしましたことをお詫び申し上げます。

    リンク

    最新コメント

    メール宛先

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    検索フォーム

    カウンター

    地上の人生は一瞬

    2016.07.29 15:54|インスピレーション
    地上を離れたらもうこの世のことに直接手出しをすることは出来ません。

    故にこの世の人生を悔いのないものにしておくことが大切です。

    ああしておけば良かった、こうしておけば良かったのにと思うことのないようにしましょう。

    永遠の霊的人生においては地上人生は瞬きのようなものですから。
     



    追記

    死後に何一つ悔いを残さないようなケースは稀かもしれません。

    あの時自分は何故こうしなかったのだろうなどと考えることもあるでしょう。

    それは程度問題であり地上人生を振り返る時期が終われば新たな環境に嬉々として進みたいものです。

    以前私は夢で目の前にあるお茶の入っている湯のみを取ろうとしましたが1cm足りとも動かすことが出来ませんでした。
    湯のみが空虚でフニャフニャ、掴んだ感触が無いのです。肉体を捨てたら地上の存在物はすべてこういう感触になるに違いないと思ったものです。逆にあちらのものは実感と硬度を伴って感じられるようになるのでしょう。

    他界間もない人が自分の住んでいた家に行き家族のいるところに行って生前と同じようにしようとしているケースは一杯あるでしょう。
    自分もお茶やビールを飲もうとしてもグラスが掴めない。家族も誰一人自分の存在に気が付かない.........。 まさかこの間死んだおじいさんがここに来ているとは夢にも思わないでしょう。 そう考えると愉快ですね。何も知らないというのは。






    コメント

    No title

    最近亡くなってからこちらの世界がどんなふうに感じられるのか考えることがあったので
    とても興味深く拝読いたしました^^
    ふにゃふにゃなんておもしろいですね^^

    ここ二三日、インターネントで幽霊が写り込んだ監視カメラの話題を見かけました。

    https://www.facebook.com/setnews/videos/1098222893595631/

    場所は見たところ、私の住んでいる仙台の駅前のようです。
    東北大震災あと、こういった霊の徘徊が多く目撃されている噂も良く聞きます。
    みんな、突然亡くなってしまってどこにいったらいいのかわからないようです。
    生きているうちに、死後の世界を否定しているのでこういった残念なことになってしまうのかなと思いました。
    もっと多くの人が死後も生き続けることを受け入れられれば
    この世ももっとすみやすくなるだろうにとも思いました。

    自分はこの世を旅立つ時、後悔は最低限にしておきたいと思い
    今をがんばりたいです。


    No title

    そらさん

    そうですか。 死後の生命の存続を知ると言う単純な事を受け入れられない人がまだまだ多いですね。何となくそうかなと感じていても確信が持てないようです。それは自分自身とは何かということが理解できないということですね。

    昨今の悲惨な事件の数々は霊的無知が効き起こしたものだと思います。見ていると本当に悲しくなります。考え違いをしているところに地縛霊に付け込まれているようです。その地縛霊も真理を知らず無知な者同士が引き合っているということになるでしょう。

    東北大震災の後、幽霊を目撃したという話はよく聞きます。生前に僅かでも死後の存続に関する知識を持っていたらさ迷うこともないでしょうに。でもそういう人たちもいずれは指導霊に導かれて行くことでしょう。

    No title

    お返事ありがとうございます。

    まよっている霊たちも、いずれは指導霊に導かれるのですね。
    よかったです^^少しほっとしました。

    本当に悲しいですが、早くみんなが本当の自分自身に気づいて
    からっぽな価値観をすばらしいものだと勘違いして
    右往左往せず、心から他者を愛せる世の中が来るといいです^^

    非公開コメント