03 | 2017/04 | 05
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 - - - - - -
    最新記事

    カテゴリ

    プロフィール

    大空澄人

    Author:大空澄人
    これまで自分の探求してきたものを 「いのちの波動」 というページ上で表現してきましたがPCのトラブルによりこのページに引き継がれました。一時的にご迷惑をおかけしましたことをお詫び申し上げます。

    リンク

    最新コメント

    メール宛先

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    検索フォーム

    カウンター

    法要に向けて

    2012.05.10 10:44|親族、友人の霊界便り
    時間は丁度夜の9時。私が夕食後、うたた寝をしていて目が覚めるとパッとスクリーンが目の前に広がっていた。それは目を開いていても閉じていても変わらない。背景はスカイブルーでその中心部に叔父の姿が見える。髪は黒々として去年現れた頃よりも一段と若々しく感じる。にこやかな表情で気分も良さそうである。そこで私は神棚を祀ってある部屋に移った。毎朝祈りをする部屋である。叔父はそこで意志を伝えてきた。週末(3日後)には叔父の三回忌があるので彼は地上世界に戻ってきているのだろう。去年の二回忌以来、約1年間全く音信不通(こういう言葉を使うのは変かもしれない)であり彼はあちらで忙しくしているのだろうと思っていた。こうして現れてくれるというのは感動的である。

    「お前もよくやったな。でも歳を取った。歯医者の仕事は神経を使うからそれが元で今の病気を引き起こしたのだろう。ゆっくり静養しなさい」。 

    そこで私は握手がしたくなって彼のほうへ手を差し伸べた。すると彼は私に近づき肩に手をまわして抱擁してくれたのである。こういう現象を言葉で説明するのは極めて難しく本人にしかわからない感覚だと思う。第三者には幻覚を見ていると感じられても仕方がないだろう。

    「Mちゃん(私の娘)も病気をしていて大変だがお前はちゃんと治るように助けてやれよ」。
    叔父の姿が消えると直ぐに今度は父の姿が現れ、意志を伝えてきた。

    「Mのことは心配ないからお前は親としてしっかり支えてやれよ。上から助けてくれているから大丈夫だ」。
    明日は娘の検査の日であり父はそれを知っているし、去年の娘の入院の時と検査の時には現れて見守ってくれていたし娘もそれを見ている。翌朝の祈りの時に神の間に入ると再び父と叔父の気配が感じられ、二人は私と一緒に神に祈りを捧げた。私一人ではなく3人で祈ったのである。

    それは去年の二回忌の時と全く同じパターンであり、やはり法要の時が近づくと彼らはこちらに帰ってくるのだろう。それは霊感のある人間にしか感じられないかもしれないが、一番大切なものは何と言っても遺族の他界した人への愛であろう。法要の真の意味とは単なる儀式をすることではなく本当は愛の交換の場であるべきだと思う。愛が両者を結ぶ絆となり、彼らは私たちに何か事ある時には必ず守ってくれているのである。

    コメント

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

    ありがとうございます。

    ねこうさぎさん
    メールありがとうございます。開いたばかりのページを覗いてくださって感謝しております。何しろこのブログに不慣れなもので思うように編集できず四苦八苦しています。ねこうさぎさんも潰瘍性大腸炎なのですね。娘は17日から5週間ほど入院して白血球除去療法を受ける予定です。今日も体調は良くないのですがアロマの試験を受けに出かけて行きました。

    私のほうはメニエールということで急性期が過ぎてきつい発作は無くなりましたがふらつき感が取れずこれまでの人生とは違う側面を見ているような気がします。でも不思議と心安らかな毎日を過ごしています。何だか病気も悪くないなと感じることもあります。あくまでも苦しい症状がないから言えることですが。また毎日が日曜日というわけですから。

    しばらく前にねこうさぎさんのブログを訪れました。去年から比較するとかなり感情の整理が進んでおられるのかなとお察ししました。この世に生きている限り人生は山あり谷ありの連続で、そこから逃れられる人はいないと思います。シルバーバーチによれば両極端を味わうために人はこの世に来ているとのことですから。

    ねこうさぎさんが娘と同じ病気ということも縁なのでしょう。娘は去年に次いで2度目の入院となりますが病気のことでアドバイス頂けたら幸いです。昨日は叔父の法要でしたがそれに関係して叔父から受けたメッセージなどをこれから編集しようと考えているところです。でもあまり根を詰めてやることは出来ないのでスローペースです。今後もよろしくお願いします。OS





    > こんばんは。
    > 以前、メールをいただきましたよね。
    > その節はありがとうございました。
    > OSさんと、わかったことがなんだか、とっても嬉しくなってコメントさせていただきます。
    >
    > 体調どうですか。
    > お嬢さんの検査も大変でしたね。
    > 私も大腸から出血して、入院を4回しています。
    > おなかが痛いときの検査は、もうほんとうにひどいもんです・・。
    >
    > 病気は、私たちにいろんなことを教えてくれますが、痛みは辛いですね・・。
    >
    > どうぞ、お大事になさってください。

    OSさん、お返事ありがとうございます^^
    お嬢さん、アロマの試験を受けられるのですね!
    わぁ・・素敵ですねi-80

    私、ストレスで大腸からよく出血するのですが、
    いまのところ、「虚血性大腸炎」で潰瘍性大腸炎ではないんです。
    すみません・・。
    だから、お嬢さんの苦しみ・痛みはほんとうに想像の域をでません。
    ただ、お見舞い申し上げるばかりです。

    「病気は才能」という本を読んだとき、
    大腸は、「過去の失敗を悔いている」人だと書いてありました。
    私はなるほど・・と思いました。その本も、精神世界の本です。
    (ブログで紹介しています^^)

    私のぶろぐにも来ていただいて、ありがとうございますi-179
    いつも愚痴っていることが多いのですが、
    息子に迷惑をかけたくないと考えて、少し前を向けているかもしれません。

    OSさんは、メッセージを受け取れるんですね。
    すごいですね。うらやましいです。

    ゆっくりの更新でいいと思います。私もそうですi-201

    ブログ、楽しみにしています。
    非公開コメント

    トラックバック


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    まとめtyaiました【法要に向けて】

    時間は丁度夜の9時。私が夕食後、うたた寝をしていて目が覚めるとパッとスクリーンが目の前に広がっていた。それは目を開いていても閉じていても変わらない。背景はスカイブルーで...