07 | 2017/08 | 09
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31 - -
    最新記事

    カテゴリ

    プロフィール

    大空澄人

    Author:大空澄人
    これまで自分の探求してきたものを 「いのちの波動」 というページ上で表現してきましたがPCのトラブルによりこのページに引き継がれました。一時的にご迷惑をおかけしましたことをお詫び申し上げます。

    リンク

    最新コメント

    メール宛先

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    検索フォーム

    カウンター

    自分はもっと大きな存在

    2016.09.26 14:43|インスピレーション
    チョコ

    あなたは自分の人生の中のほんの一部を今ここで過ごしている。現状は肉体の中に閉じ込められているのでその範囲のものしか見えない。故に様々な出来事のつながりが分からない。何故自分の身に色々な事が起きるのか原因が分からない。

    しかし何時の日か自分はもっと大きな存在であることに気が付く。ここでの人生、生活は永遠の人生の中の一コマであったことがわかるようになる。今の悩み事は取るに足りないものであったことに気が付く時が来るであろう。


    追記
    あなたは肉体の中に閉じ込められているからその範囲のものしか見えないと言っても霊的真理を学んだことのない人には何のことかわからないかもしれません。ここは霊的真理の基本的理念を十分に理解する必要があると思うのです。地上界での人間の構造は霊体と肉体が結合していて肉体の五感を通して地上界のものを見聞きしているので五感で感じるもの以外は認知できないわけです。霊体としては五感の制約を受けることなく物質を超えて様々な事を認識し活動しているのですが殆どの人はそれに気づきません。

    オーラが見えれば人間は肉体だけの存在ではないことが実感を伴って理解できます。自分の肉体の周囲は肉体と同じ輪郭を持った色彩豊かなものに囲まれています。青、紫、ピンク、黄色など自分のオーラも刻々と変化します。そして睡眠中は文字通りこの世の制約を超えて自由に霊界の人と交流しています。この間実に興味深い夢をみましたが後日ご紹介したいと思います。

    コメント

    No title

    人はこの世に誕生してくるとき、どういう人生をたどるか、あらかじめ計画して生まれてくるといいますが、果たして自分は計画どおりたどってきたのだろうか、と思います。
    愚かさと無知ゆえに、大きく間違えてしまったのではないかと。

    半世紀も生きてきて、体も無理がきかなくなり、今さら大きく軌道修正も無理ですが、現時点で出来ることをやっていくしかないかと思います。

    壮大な織物の全体の柄は見ることができませんが、一日一日の積み重ねが、ひと織りひと織りなのだと思うと、せめて美しい色合いで織っていきたいものだと思いますが、なかなか思うにまかせません。

    No title

    ゆきこさん

    暗中模索ですね。私もゆきこさんと同じです。

    そうでない人はいないでしょう。自分がしてきたことやこれから先の展望を見通せるような人間は世界中探してもいないと思います。肉体に宿ってこの世に身を投じているのですから当然のことでしょう。

    展望が開けるのは死後に肉体を捨ててからだと思います。それまではこの世の重荷と付き合う他はありませんが、霊的真理と出会った人は人生の羅針盤を手にしているわけですからそれを頼りに進めばいいと思います。私は何か問題が行く手を遮った時には単純に考えることにしています。そのうち霧も晴れるだろうと。事実そうです。

    いつもありがとうございます。

    大空さん、こんばんは。

    就職先が決まりました。また新しい気持ちで頑張っていきます。
    振り返るとここ数年…経験した出来事も学びだった様に感じます。

    点で見ると『なんでこんな事が起きるのだろう?』という出来事も
    線で見ると必然なんでしょうね。

    これからも新しい学びがある事でしょう。一日一日を自分の出来る事を
    一生懸命やっていきます。。

    大空さま、こんばんは

    今日、隣町で有名な占い師で霊能者の方の元に鑑定を依頼をして行ってきました

    本当にこの方は視えている、とブログでもそこそこ人気な方です
    私も2度目の鑑定でした

    私の感想としましては、オーソドックスな受け答え、視える人なのはわかるのですが、私達夫婦のこと、そしてまずは私のことはあまり視えていない、だからその方自身の信じる菩薩様に訊いてるようでもありました

    私はそれでも2千円という良心的な価格なので、それなりに教わり良かったと思っております

    ただ今更になり気になることがひとつあるのです

    その占い師であり霊能者の方は、49日まで主人はいて、一人では帰れないから、その後身内親族がお迎えに来る、そこまでは私も納得しております

    それから3年は地上に会いに来れない、意思疎通はできるけど、4年目の初盆あたりにこちらに会いに来れると言うのです
    私はえっ、3年も??と思わず言ってしまいました

    それは人それぞれあの世での修行の長さが違うからなのでしょうか?
    3年も会えず、私達が引っ越ししていればその場所に戻って来れるのでしょうか?
    まだ幾分先ではありますが、引っ越しを余儀なくされているので不安です

    一番気になるのは、やはり3年もの間主人がこちらに帰って来れないことです

    No title

    ひでおじさん

    新たな船出ですね。色々な事があるでしょう。

    霊的真理という羅針盤を手にされているのですから一時的に迷ったとしても本道に戻ることができます。ご精進を祈っております。

    No title

    あきさん

    あきさんは霊能者や占い師がお好きなのでしょうか?

    彼らの言う事が正しいかどうかはご自分の理性と良心で判断してください。
    理性と良心こそが神から授かったものです。それが指し示すものが真実です。

    ご主人は今のあきさんの心の中はお見通しです。
    そんな者の言うことを信用しては駄目だぞと言っていませんか?

    大空さん

    そうですね、ハッとさせられました
    占い師や霊能者に縋るのではなく、自分自身の理性をしっかりと正し、その中で死と向き合っていこうと思います

    主人もそう感じていることでしょう
    ありがとうございました
    非公開コメント