09 | 2017/10 | 11
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -
    最新記事

    カテゴリ

    プロフィール

    大空澄人

    Author:大空澄人
    これまで自分の探求してきたものを 「いのちの波動」 というページ上で表現してきましたがPCのトラブルによりこのページに引き継がれました。一時的にご迷惑をおかけしましたことをお詫び申し上げます。

    リンク

    最新コメント

    メール宛先

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    検索フォーム

    カウンター

    霊を感じる為の器官 

    2016.10.27 09:33|インスピレーション
    波の音を聞く

    霊的真理のわからぬ人間は霊を感じるための感覚器官を持っていないのです。聞く耳を持っていないのと同じですからいくら真理を説いて聞かせても徒労に終わります。そういう人たちは気の毒と思ってあげるべきなのです。自分は霊であるというその本態がわからないのですから可哀想なのです。真理は人の肉体ではなく霊の部分で理解します。従って人間を構成する霊の部分が発達してこないと受け入れることが出来ないのです。



    追記
    霊を感じるための器官というものが特別にあるわけではなくこれは霊的感性を意味します。霊的意識の表現形態の一つと言ってもいいかもしれません。霊的成長に伴い自然に霊的感性も備わってきます。時期が来ていないとは霊的意識がまだ表面に出てきていない状態と言えるでしょう。従って霊訓を読んでも、霊的真理の話を聞いても霊的意識が引っ込んでしまっているので共鳴出来ないのです。

    人間は霊と肉体の二重構造になっていて日常生活では霊の部分はなかなか表面に現れてきませんが、静かに発現の機会を待っています。それが発現してきた人が時期の来た人なのでしょう。残念ながら世の大半は時期が来ていない人達によって占められているようです。

    コメント

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

    No title

    聞く耳を持たない人は話をしても、反発されるか、怒りだすかなので、黙っているしかないです。

    そして、向こうの独自の理論話をじっと聞くしかないです。
    少しでも、こうなのではないかなどと言おうものなら、烈火のごとく怒り出す人もいます。

    時期が来るのを、ただ忍耐強く待ってあげるしかないのでしょうか。


    話は違うのですが、ある会(宗教的な会というわけではない)に参加して思ったのですが、その会の主催者の人のレベルを越えることはできないのだな、ということです。

    ある拍子にチラリと垣間見せられたりします。

    自分も日々失敗ばかりで、完全とは程遠いので、人のことは言えないな、自己顕示欲には気をつけないと、と猛反省しているところです。


    No title

    昨日の非公開希望の方

    昨日、非公開でコメント頂いた方に返信しましたがSorry, we were unable to deliver your message to the following address との反応がありました。アドレスが正しくないのかもしれません。

    No title

    ゆきこさん

    集まりに出席すると必ず最後に持論を持ち出して食い下がる人がいますね。自己顕示欲見え見えなのですが当人はそのことに気が付いていません。他の人に心の内を見透かされているのにわからないのです。ああ、またあの人が言ってるねと隣の人と目を合わせてこっそり笑っています。

    人生後半ならば(そういうタイプは人生後半の人に多いです)ずっと気づくことなく終わってしまうでしょう。死後に肉体を脱ぎ捨てた時にそれまでの自分の心の内容や行為が全て明らかになり恥じ入ることになるでしょう。

    我々は自分の事が見えないのですね。私も気を付けようと思っています。

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

    No title

    大空さま

    ご無沙汰しております。
    あれから職場のほうは少しずつではありますが、ましになりつつあります。
    でも、もう私のいる場所ではないな。。と感じ、転職を試みるもすべて玉砕。
    ということは、まだまだ今のところで学びが必要なのかなと思いました。

    大空さんが何度も仰るように、霊的真理ということに関して、興味のないというか、信じない人に話をしてみても全く心に響かないようです。
    もっとも、私がまだまだ未熟なのもありますし、うまく伝えられないというのもありますが・・

    まずは自分があっちの世界へ還った時に神様に褒めてもらえるように日々を過ごしたいです。

    No title

    ↑先ほどのコメントは私でした。
    名無しの権平さんでした。
    すみません。

    No title

    さくらさん

    職場の方はご自分の人生のほんの一部です。
    ですから重大に考えないことです。なるようになると思っていたらいいと思います。

    霊的真理は意識の霊の部分で理解するものですから霊性が育っていない人には理解できません。顕在意識だけではわからないのです。

    ちょっと話をしてみてその人が何の反応もない場合でもがっかりすることはありません。
    わからないのはその人の責任であり、さくらさんの責任ではありません。
    何十年か先にその人は、ああ、あの時あの人が言っていたのはこの事だったのかとわかるでしょう。
    潜在意識にはすべてのことが記憶されているからです。
    意識の霊の部分とは潜在意識の事と思って頂いて良いと思います。
    非公開コメント