08 | 2017/09 | 10
    - - - - - 1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    最新記事

    カテゴリ

    プロフィール

    大空澄人

    Author:大空澄人
    これまで自分の探求してきたものを 「いのちの波動」 というページ上で表現してきましたがPCのトラブルによりこのページに引き継がれました。一時的にご迷惑をおかけしましたことをお詫び申し上げます。

    リンク

    最新コメント

    メール宛先

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    検索フォーム

    カウンター

    母の旅路

    2016.11.08 08:55|真理を求めて
    青い海と岩

    数日前に我が家で妻と長女と共に3年前に旅立った母を偲ぶささやかな催しを行った。世間で言う3回忌は去年子供や孫達全員が揃ったところで済ませている。それも我が家のダイニングルームでロウソクの灯りの元で静かなクラシック音楽を流しながら行った。去年も今年も宗教色は殆んどない。

    今回も同じように始めに私が母に語りかけ、その後各々が口に出さずに母に思念を送ろうということにした。始める前に適当な母の写真がないか探していたら両手のひらがしびれてきた。これは常に私が感じているもので霊的エネルギーを受けている時のサインである。そうなれば写真も必要が無い。通常、故人の写真を見る事によって自分の思念を集中出来る結果、霊界にいる相手に届き易くなる。

    その時には母はすでに我々がそういう催しをしようとしていることを察していたようである。このように縁ある霊界の人とは常につながっているので心配をかけたりするのは良くない。逆にこちらが喜びや幸せを感じている時にはそれを共有してくれる。大体において他界した人はしばらく経つと残してきた家族や財産への執着は無くなっている。彼らが望むことは残された家族が「元気に毎日を過ごす事、そして自分の人生を全うして欲しい」その一点に尽きるようである。

    地上時間で3年も経てば旅立った人はかなり進歩していて、それは地上の人間の成長よりも早いスピードで進んで行くようだ。母はその場に来てくれたが母の本質は変わっていない。しかし生前や他界当初の頃とは別人のように感じられるものがある。肉体から解放されると本来の霊性である自分の“大きな意識(霊的意識)”に戻っていくのだろう。意識の変容と言ってもいいかもしれない。地上人生においてはその“大きな意識”の一部しか表現されていないのでそれはその人物の全体像ではないのである。

    この世で表現している人物像は一時の姿、あるいは仮の姿ということになるだろう。私たちの本体はもっと大きなものなのだが肉体に宿ってこの世で生活している時には多くの制限を受けてその一部しか表に出てくることはない。

    我々はこの世では肉体を通して地上世界に繋がり、物質の波動の中でがんじがらめにされているということ、しかしその状況は自分の大きな意識が望んだ事である。このように人の意識には二つのステージがあり、日常、地上の人間は小さな意識(顕在意識)で生活している。大きな意識(潜在意識、真我)の片鱗をたまに感じることはあっても、それには気が付かない人が大半であろう。

    ともあれ霊的交流の場で感じる旅立った人達はおしなべて清々しく羽のように軽くて気持ちが良い。煩悩を生む肉体から離れるとこうも違ってくるのかと思う。この世の人達は地上世界を中心として見ているから感得出来ない霊界の事は夢、幻のように感じてしまうのである。そして異常なまでに死を恐れ、悲しむ。本当は逆であったことが分かるのは大半の人にとって死後になるのだろう。

    追伸
    感受性豊かな娘が自分のブログで母へのセレモニーについての感想を載せているので一読頂けたらと思います。人がそういうものを感じ取ることが出来た時、死生観は一変するはずです。

    「旅立った人はどんどん進んで行く」11月4日
     http://springcherry.blogspot.jp/

    コメント

    残された家族が「元気に毎日を過ごす事、そして自分の人生を全うして欲しい」その一点に尽きる、、、

    この言葉を読んだ時、
    「あ〜 本当にそうなんだ! あ〜 よかった‼︎」と
    心から思いました。
    時折伝わってくる 先に他界した愛しい人からの想いは 本当だったのですね。

    改めて 感謝と喜びの気持ちで元気に過ごし
    今回の人生を全うしようと思いました。

    大空さん、ありがとうございました。


    No title

    紫さん

    肉体と離れたら肉体が生んでいた様々な本能(煩悩)が取れて行き、それまで隠れていた霊的な意識が出てきます。その意識から見れば金やその他の財産、社会的地位や名誉などはどうでもよくなるでしょう。

    そこで地上に残してきた家族には「元気に毎日を過ごす事、そして自分の人生を全うして欲しい」ということに自然になってくると思います。

    その言葉は短いながら本当の人生の目的を示していると思います。

    No title

    大空さま

    「旅立った人はどんどん進んで行く」のですね。。。
    お嬢さんのブログのことを書かれたので、お嬢さんが受け取られたメッセージの中で、私が今一番心の指針にしている言葉をご紹介させて下さい。
    お嬢さんのブログを訪問されていない方もいらっしゃると思いますので。
    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

    誰かのために生きる人であれ。
    それが近道である。
    困難多き道を生き、優しさと愛を鍛え磨き
    自分以外のために生かすこと。
    それが、あなたができる世への貢献である。
    苦労無き道は、学びも成長も無い道である。
    あなたは自分で選んだ生き方について心得ているはずだ。
    あなたは楽な生き方を生きるために生まれてきたのではない。
    それはあなた自らの選択である。
    このことを忘れてはならない。
    今回が最後の地上生活でありたいと願っているのなら尚更、
    試練を喜んで受けること。
    我欲を無くし、真実の愛の通路を志せ。
    神の道具となれ。
    そのために努力を続けるのであれば、
    あなたは何一つ案ずることはない。
    わたしたちがあなたを守る。
    安心しなさい。
    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

    障害のあるお孫さんをお世話している友人に贈った言葉です。

    人それぞれが持つ感性か、守護霊様の感性なのか、大空さんの受け取られるメッセージからは倫理、お嬢さんのメッセージからは慈愛を感じ、その違いを持つ両方のメッセージに接することができてとても嬉しいです。

    No title

    ラピス さん

    メッセージには性差、個性の違いが現われていると思います。
    女性は愛、母性、寛容さなどがその特性でしょう。
    男性は論理性や闘争心(制御できないと困ったことになります)でしょうか。

    男性と女性の役割は違っていて両者が足りないところを補い合っていくように出来ているのでしょう。シルバーバーチによれば主導権を持っているのは女性だそうです。

    娘のメッセージを評価して頂いて嬉しく思います。

    追伸
    アメリカにお住まいでしたね。大統領選の動きが全世界を揺るがしています。
    6月のイギリスのEU離脱以来のショックが波及しています。
    それもアメリカ国民が選んだことなのでその結果に対しては自分たちが責任を負うしかないでしょう。いろんな面で今、地上世界は変動期にあるようですね。

    No title

    大空さま

    私が住んでいる州ではクリントン氏指示が多数派でしたので、まさかの大逆転の結果に驚いています。
    多くのアメリカ国民がそれだけ現状に不満を持っているということにも改めて驚きました。

    今は「塞翁が馬」の心境で、「これが良いことか悪いことかまだわからない」といったところです。
    何事も予想がはずれると、一瞬あわててしまいます。。。

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます
    非公開コメント