06 | 2017/07 | 08
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 31 - - - - -
    最新記事

    カテゴリ

    プロフィール

    大空澄人

    Author:大空澄人
    これまで自分の探求してきたものを 「いのちの波動」 というページ上で表現してきましたがPCのトラブルによりこのページに引き継がれました。一時的にご迷惑をおかけしましたことをお詫び申し上げます。

    リンク

    最新コメント

    メール宛先

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    検索フォーム

    カウンター

    霊的真理普及に携わる人たちへ

    2016.11.29 09:38|インスピレーション
    ジョン万次郎

    時期の来た人たちを導くのがあなた方の仕事です。それはいわゆる布教活動ではなく霊的な活動です。それはこの世の人の目につかないところで行われます。既存の宗教とは質の違うものであり霊界主導で進められるものです。

    働きかける次元と対象が違うので霊の世界に通じている者でなければ出来ないものです。この事業は肉体としての人間を相手にするのではなくその人物に宿る霊を対象としています。それは次元の違うものであり、深さが違うのです。物質世界に形として現れることはありません。霊に働きかける仕事である故に人間の五感で捉えることは出来ません。霊的にあるところまで成長していないと霊的真理は理解することが出来ないのです。

    あなた方はこ の世で何の名誉も名声も求めてはなりませんが霊の世界では目的を同じくする同胞として認められ神の使いの一人としての地位が確かなものになっています。あなた方は後で大きな喜びを味わうことが出来るでしょう。


    追記
    このメッセージを受け取ったのは折しも11月27日、横浜市で普及会の公開ヒーリングが開かれる日でした。高級霊が地上に集結していたと思います。霊的感性豊かな人はこの日は何か違うと感じたことでしょう。

    私たちが真摯に祈る時、そのエネルギーは自分が思う以上に周囲に拡散しています。人によっては霊界の深奥まで届いているはずです。もし私たちの先祖で未だに成仏(地縛霊化した状態)していない人がいたとしたらそういう人を覚醒に導くことができるでしょう。霊界や幽界にいる人は地上の人間の思想を読み取ることが出来るからです。その為にはしっかりした霊的真理の知識を持っていなければなりません。こちらが学べばあちらも同時に学ぶのです。

    私の朝の祈りによく父が現われて一緒に祈っているのを感じます。若い頃さんざん心配かけた父は今ではお前もやるじゃないかと思ってくれているでしょうか。

    このようにして地上にいる誰かを霊的覚醒に導くことが出来たらその効果は目に見えないところに波及していくでしょう。我々は地上の者が霊的真理を理解してくれないと嘆きますが、実際には目に見えないところに導きの糸が伸びていると考えていいでしょう。

    コメント

    No title

    大空さま

     いつも 先生のメッセージからたくさんの学びと元気をいただいております。

    先週の土曜日、洗濯物を干しながら青空の太陽を眺めていたら無性に”神の道具に
    なろう!””正しい道具としての生き方は?”と云う事が頭に浮かんできました。

    11月29日は私の誕生日です。先生のメッセージは霊界からの励ましのメッセージの
    ようです。

    霊的真理を学び、霊界の道具になれるよう頑張りたいと心を新たにしました。

    No title

    干しイモさん

    誕生日おめでとうございます。
    これらのメッセージがお役に立てているのでしたら大変嬉しく思います。

    今でこそわかったようなことを言っていますが若い頃の私はひどいものでした。
    思い出しても顔が赤くなります。過去の自分の至らなさを知っている故に今があるのかもしれません。過去の出来事は教訓だったのでしょう。

    霊界の道具の道は楽ではありませんが他の何よりもやりがいのあるものです。
    例え一人でも目覚めさせることが出来ればあなたがこの世に生を受けた意味がありますとはシルバーバーチの言葉です。ご精進を祈ります。

    こんばんは


    いつも貴ブログを愛読しております。


    私は28年間勤めてきたシステムエンジニアという職を2年前に辞めて、介護職に就きました伯父さんです。


    転職のきっかけは、「シルバーバーチの霊訓」との出逢いです。


    霊感とか何も感じませんが、以前からずっと守護霊への感謝は欠かさず毎日を過ごしていました。

    お伝えしたいのは、霊的真理の普及という祈りでなくても、霊界からのサポートは必ずある…という確信です。


    僕の場合は、認知症やしょうがいを抱えた利用者の皆様に、温もり・安らぎ・優しさ・笑顔・元気をもたらす道具として、僕をお使い下さい…という祈りです。


    真摯な祈りと実際の行動により、ほんとに、霊界からの働きかけを感じる毎日です。


    また、当然、給料は前職に比較すれば激減ですし、持病もある僕を見かねて、施設の上司は格安の家賃で、僕に身分不相応なマンションまで貸して下さっています。


    必ずしも、霊界真理でなくても、自分を人のために役立てるという聖なる目的に基づいていれば、守護霊をはじめ、相応のサポートをして下さると確信しています。


    富や名声とか…求めずとも、霊の世界の存在たちと共に働いているという確信は幸せ以外の何物でもありません♪


    いつもありがとうございます(*^^*)

    No title

    小さな光さん

    このブログを見て頂きありがとうございます。

    利他愛の実践をされているのですね。愛の行為は大霊の意志を表現していることになり人類の進歩、向上に尽くしていることになりますから自然に霊界からのサポートを受けることになるでしょう。利他愛の実践は誰にも出来るものではありません。

    霊的真理と便宜上言葉で表現しますがこれは宇宙の真実、事実と言い換えても問題はないと思っています。言葉というのは不便なもので必ずしも真意が伝わるとは限りません。

    今回のメッセージは主に社会に対して直接霊的真理の普及活動に勤しむ人たちに向けられたものです。真理の啓蒙には様々な手段があります。書籍の発行、インターネットでの広報活動、読書会を開いて真理を広める等など様々な方法があるでしょう。

    我々は真実を知ると自然に他の人にもそれを分け与えたいという気持ちになりますがその気持ちが上のような形を取って表れてくるのだろうと思います。

    人にはそれぞれ個性に合った役割があり各人がそれを果たしていけばいいのだろうと思います。皆等しく大霊の子ですから自分の持ち場を守り務めを果たしていけば摂理によって自然に将来への道が開けてくるでしょう。

    今後のご精進を祈っています。
    非公開コメント