07 | 2017/08 | 09
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31 - -
    最新記事

    カテゴリ

    プロフィール

    大空澄人

    Author:大空澄人
    これまで自分の探求してきたものを 「いのちの波動」 というページ上で表現してきましたがPCのトラブルによりこのページに引き継がれました。一時的にご迷惑をおかけしましたことをお詫び申し上げます。

    リンク

    最新コメント

    メール宛先

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    検索フォーム

    カウンター

    肉体という衣服

    2016.12.03 10:39|インスピレーション
    亀

    この世の人間は肉体という重い衣服を着て生活していてそれが自分の本体と思っている。常にそれを基準にして考え行動しているから真実に気が付かない。肉体と共にもっと高度なものが生活しており、それが人の本体の霊である。

    真実に目覚めるとそれが活動を始め次第に肉体の殻を破って出てこようとする。そして時期が来たら肉体という外套を脱ぎ捨てて身軽になって自由な世界に羽ばたいていく。それが死というものであるが殆どの者はそれをいたずらに恐れ、忌み嫌っているがそれは間違いである。

    肉体は人間を地上世界に縛り付け嫌でも様々なものを味わわなくてはならない。死はそれからの解放、牢獄からの脱出であり本当は祝福すべきものである。


    追記
    我々地上の人間は通常事象の半分しか見えていないのです。理由は肉体を通して見ているからということに他なりません。物的側面だけしか見えないのです。シルバーバーチの霊訓を読むと「あなた方地上の人間は肉体を持つことによるハンディがある」という意味の言葉を何度も目にすると思います。それは世間一般の人には理解しがたいことかもしれません。

    少しくらいわかったような気持ちでいても直接自分の損得に関わることが起きると途端に自分の我が出てきます。それはやはり肉体を持った我々の宿命なのでしょう。そこは少し時間を置いて心を澄ませてみれば自分に宿る高い意識(良心の声)が自分の取るべき道を教えてくれるでしょう。我々は重い肉体を抱えてこの世を生き抜くことをあえて選択したのですから各人が置かれた状況の中で人生を全うする事が大切でしょう。

    前に父から聞いた言葉があります。
    「肉体は地上世界で自分を表現する道具なので大切にしないとこの世で何もできない。いたわる事だ」。

    コメント

    No title

    大空さま

    肉体をまとえば、遺伝子や環境のせいで本来の霊性から離れたものになってしまうのは残念な気もしますが、その人間性(感情)と霊性の葛藤が修行になるのでしょうね。。

    でも、その肉体の感情の方がとても強くて、皆がおうじょうしている気もします。
    周りを見回せば、自分も含めて「みんな業が深い。。。」とため息をつくばかりの日があります。

    今朝は、改めてシルバーバーチの霊訓を読み直そうと思いました。
    ここしばらく平和だったので油断していましたら、またド~ンとやってきました。
    このド~ンのおかげで正気に戻るというか(笑)、心して生きなければと思い直すことになります。

    このド~ンは「お呼びじゃないけれど必要」なのでしょう。。。

    No title

    ラピス さん

    霊的真理に照らして自分のやっていることはどうなのかと考えることは自分を外から見ることになっていると思います。毎日が霊の心と肉の心の葛藤ですね。

    心を揺さぶられて一瞬パニックになっても暫らくしたら冷静な自分に戻っていると思います。お試しが来るのですが、その度に復元までの時間が以前に比べて短くなっているはずです。そうやって魂の年輪が深くなっていくのでしょうね。

    アメリカ国内はその後落ち着いていますか?




    No title

    大空さま

    お返事ありがとうございます。

    霊性向上のためにトラブルは関係者各自にとって必要な出来事なのでしょうが、それにしても日々生き抜くことは、とても疲れる時がありますね(笑)

    一般のアメリカ市民は、選挙の結果を受け入れ始めていますが、この辺りはクリントン支持者が多いので、ウンザリしたり不安に思っている人は多いです。

    アメリカでもいじめは大きな問題ですが、民族間の差別がまだありますので、これをきっかけに悪い方向に流れていかなければいいがと案じています。

    大霊の計画

    ラピス さん

    個人も国家もこれから次々に問題が起きて世の中は混乱することでしょう。これは今に始まったことではなく人間はこれまでも常にそうだったのではないでしょうか。昔の悪行が結果として現われてきて、それに対応しようとしてまた将来の悪因縁を作る。こんな繰り返しを今も続けていると思います。

    何百年か後に振り返ってみたら、あの当時に比べて成長したと感じられるのでしょう。
    何度も痛い目にあった末に懲りてようやくわかる、性根に入る、個人も国家も同じですね。
    多民族国家では人種問題の種が尽きることがないですね。それでもかつての奴隷制度が終わり昔に比べて進歩したと言えるのでしょう。

    遠い将来人間の霊性が進歩していけば今人類が抱えている問題はすべて解決していることでしょう。大霊の計画している通りになると思います。
    非公開コメント