05 | 2017/06 | 07
    - - - - 1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 -
    最新記事

    カテゴリ

    プロフィール

    大空澄人

    Author:大空澄人
    これまで自分の探求してきたものを 「いのちの波動」 というページ上で表現してきましたがPCのトラブルによりこのページに引き継がれました。一時的にご迷惑をおかけしましたことをお詫び申し上げます。

    リンク

    最新コメント

    メール宛先

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    検索フォーム

    カウンター

    祈りは波長を合わす為のもの

    2016.12.11 09:56|インスピレーション
    男木島と夕日 


    地上の係りの人たちへ

    祈りや瞑想はこちら側(霊界側)と波長を合わす為のものです。あなた方は一人で真理の伝導をしているのではなくチームの一員なので我々と共同歩調を取ることが大切です。特に霊界ではチームワークが重要視されています。

     

    こちらで立案されたものを地上世界に降ろすのがあなた方の役目です。それに向けてこちら側は地上環境を整える作業をします。

     

    この世の人達は自分の本質を知りません。自分は一体何者かということを少しも知らないし考えた事すらないでしょう。本当はそれを基盤にして人生を生きなければならないのですがそれが無いために色々と間違ったことをしています。それをこの世の人達に伝えるのが我々の仕事であり、あなた方は地上の係りなのです。



    追記
    地上環境を整えるという意味は私のこれまでの体験からして主に人と人の出会いでしょう。時期の来た人と巡り合えるように霊界側は色々と配慮してくれているようです。その人物と出会った後で、こちらはああそうだったのかと感じるのです。その裏では私たちの目に触れないところで大きな努力が払われているということでしょう。霊界側の無償の愛を感じずにはいられません。期待を裏切るようなことがあってはならないと思うのです。

    実例として次の出来事がありました。
    日暮れの墓地で



    コメント

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます
    非公開コメント