03 | 2017/04 | 05
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 - - - - - -
    最新記事

    カテゴリ

    プロフィール

    大空澄人

    Author:大空澄人
    これまで自分の探求してきたものを 「いのちの波動」 というページ上で表現してきましたがPCのトラブルによりこのページに引き継がれました。一時的にご迷惑をおかけしましたことをお詫び申し上げます。

    リンク

    最新コメント

    メール宛先

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    検索フォーム

    カウンター

    価値観の違う世界

    2016.12.31 09:10|親族、友人の霊界便り
    国民宿舎の夕日

    叔父より

    家族はお互いに尽くす事が大切だ。この世では何でも自分の思うようにならないものだ。人間はそういう環境の中で精一杯のことをしたらそれでいい。私が長年教師をしてきて一番嬉しかったことは何だと思うか?それは教え子が自分を慕ってくれたことだ。それが教師として一番の喜びであり後々まで残る事だ。

     

    お前はこちらの人間に近い所があるが、そちらの世で生きる上で大切な事は物事を見る目を養うことだ。見抜く力をつける事だ。私はこちらで良い人達に囲まれて生活している。心から分かり合える人達だ。そちらでは逆で色々と苦労も多かった。無理を言う者が多かった。

     

    私は今地上時代の家族とは少し距離を置いているが互いに価値観の違う世界に住んでいるから自然にそうなってくるのだ。今はこちらで子供たちに音楽を教えるのが一番の楽しみになっている。音楽はこちらでは地上より盛んで方々で音楽会が開かれている。剣道や居合など刀を振り回すようなことは精神統一に役立てる以外こちらでは一般的ではない。自然にそういうものからは遠ざかっていくものだ。

     

    妻との関係は地上時代とは違う。地上時代は夫婦二人が共同して子供を育てたり家を守ったりしていたが、こちらに来るとそういう必要がないから夫婦と言っても全く質の違うものになる。必要な時には会って心の交流をするが常に一緒に暮らすような事はない。こちらの世界では地上の縛りから解放されるのだ。何事も本心で行動するようになるということだ。

     

    より真実に近い世界だから地上時代の宗教的行事などは意味がないわけだ。地上の者は事実を知らないからそうやって宗教的行事を続けているわけで、事実を知ったらそういうものに意味を感じなくなるだろう。お前みたいに......





    追記
    叔父とはかなりの期間音信不通であった。あちらで忙しくしているに違いないと想像していたが昨日の午後ふと霊の間(祈りや瞑想をする部屋)に入りたくなり、机の前に座っていたら叔父のイメージが浮かんできた。そこで彼から感得したものがこのメッセージである。叔父の生前の職業は教師であり、音楽と剣道を指導していた。また剣道と共に居合いも修練しており武道家としての側面も持っていた。

    人は死後時間の経過とともにバイブレーションが霊妙になり生前とは違ったように感じるようになるものである。死後時間が経っていない頃はバイブレーションは極めて地上の人間に近いのですぐそばにいる事を感じやすい。鈍感な人でも何かを感じることがあると思う。叔父もかなり変化してきたように感じたが、距離が出来るとはバイブレーションの変化の事と言って良いだろう。最初の頃は重く、時間の経過と共に軽く羽根のようになる。羽がそっとこちらの頬に触れたように感じるようになるものである。

    夫婦であった者同志であっても地上生活の義務が終わればそれぞれが自由に生きるようになる。地上では様々な義務に縛られていたが霊界ではその束縛から解放されて本来の生き方が出来るようになるということである。世間では「私は亭主と同じ墓に入るのは嫌だ」と言う話をよく聞くようになったが事実はそういうものがその後の霊的人生に影響を与えることはない。肉体と言う牢獄から解放されたらそういう物質的な縛りから解放されるからである。

    コメント

    いつもありがとうございます。

    大空さん、お久しぶりです。暫くコメントはしませんでしたが、毎回楽しく拝見させて頂いています。
    10月から再就職し、3か月経過しようとしています。最近では今の職場にすっかり慣れました。今後の人生…イケるとこまでこの職場で頑張っていこうと思ってます。
    今年は昨年にも増して世の中で色々な事が起こりましたね。絶対的に言えるのが現世の価値観では悲しく残念な出来事ばかり。
    しかしながら、今のこの状況は必要な事だから起こるのでしょうね。その中で大空さんの記事にもある『生きる上で大切な事は物事を見る目を養う事・見抜く力をつける事 』に私も自分の中で身に付け、磨きをかける様精進していきたいです。

    今年も様々なメッセージをありがとうございました。来年も宜しくお願い致します。それでは良いお年を…。

    No title

    ひでおじさん

    この一年色々コメントを頂きありがとうございました。
    今年も後わずかになりましたね。波乱の一年が終わろうとしています。
    来年のこの続きがあるでしょう。さらに振幅が大きくなるかもしれません。

    人間が自分で波乱の原因を作っているのでその結果を甘んじて受け入れるしかありません。一人ひとりが霊的に目覚めそれが全体に波及してきた時、地上天国が築かれるのでしょう。いつかはその時が来るのでしょう。

    お仕事頑張ってください。それでは良いお年を!



    感謝します。

    感謝します。
    大空澄人さま
    はじめまして。
    こばちゃん本舗の小林さんの推薦で“続いのちの波動”を知ったのが3ケ月ほど前です。
    大空さんのブログと小林さんのアップするユーチューブ動画を見ることで私の生き方が良い方に導かれています。
    “かつしかシルバーバーチ読書会”には知り合いと一緒に11月12月と通いました。またシルバーバーチの霊訓(一)を3人にプレゼントすることも出来ました。
    2017年は人の為にそして自分の為にも更によい生き方をします。
    大空さん2017年もどうぞよろしくお願いします。
    ありがとうございました。2016.12.31
    エイ、ホーライ

    gerardとともに

     大空様 あけまして おめでとう ございます

     旧年を振り返ると神道にとらわれて大霊を正しく理解できていなかった私は大空様の「続 いのちの都道」に導かれ大きく転換した一年であったかと思います。

     スピリチュアリストとしては全く二歩前進、一歩後退のような毎日で、こうしてコメントを差し上げるのも恥ずかしいほどです。

     昨秋、パリからgerardが従妹の所へやってきました。禅に憧れ、日本のわびさびに
    心の平安を求めるgerardに対し「スピリチュアルの種でも撒きたい」と私は気負っていました。念願かなって「スピリチュアルだけをテーマにお話ししたい」とのgerardからの希望でシルバー・バーチの霊訓を元にじっくりと話し合う機会も持てました。

     gerardは今、ヘブライ語を勉学中だそうです。ダビデの星、イスラエル国旗の「六芒星」を描きながら、陰陽、男女、向上降下、霊界の仕組みまで説明します。そして因果律については「砂時計の喩え」で神の摂理を説明します。なんとgerardは感銘を受けるようなスピリチュアリストでした。

     大空様のブログについても従妹が英語に翻訳して伝えているそうです。「パリはカトリックが多く、みんな頑固で‥」と言っておりますが、gerardを通じてスピリチュアリズムの種は育っていくのではないかと確信しました。

     大空様へ感謝を込めてご報告申し上げます。

    No title

    大空さま

    こちらはまだ12月31日の夜ですが、日本は2017年になりました。
    新年もどうぞ宜しくお願い致します。

    このような学びの場をご提供いただきまして心から感謝しております。
    人生の半分以上をとうに過ぎまして、あの世が近くなったなと思う嬉しさがありますが、
    自分の至らなさを自覚する度に、まだまだあちらに行けないなと思います。

    あちらの世界から届けられる声は本当に貴重です。
    いつもありがとうございます。

    いよいよトランプ大統領が就任しますが、揺さぶられ、世界にどのような影響がでるのか注視したいところです。

    明けましておめでとうございます

    明けましておめでとうございます。毎日必ずHPをチェックして武本昌三様のHPとともに指針にしております。しかし今のスピチュアリスト?の現実としては今の政治の現状に怒りの毎日と自分の欲望のコントロールに四苦八苦で、果たしてこんな心境で自分の人格の向上から遠ざかってるのではないかと忸怩する毎日です。こころがずれていると思ったときは「真理のホームページ」も見返しております。お体に留意して末永く続けていただけますようお願い申し上げます

    No title

    エイ、ホーライ さん

    このブログを見て頂きありがとうございます。
    霊的真理の道は前進と後退の連続で終わりはありません。
    それでも何年か後に振り返って見たら成長している自分に気づくと思います。

    目に見える動きとしては感じられませんがその裏では常に霊の世界のサポートを受けています。今後のご精進を祈っています。

    No title

    kuny さん

    あけましておめでとうございます。
    このブログを従妹さんが英語に翻訳して伝えてくださっているとのこと、嬉しく思います。日本のみならず世界に霊的真理を伝えていくことが求められていると思います。

    特に今の世界情勢を見るにつけ人々が少しでも真実を知り、霊的無知から脱却して欲しいものです。今の人類の悲劇は霊的無知ゆえに起きていると思うのです。

    去年の8月からThe Spiritual Truth by Silver Birchというブログをリンクしています。大阪シルバーバーチ読書会の主催者の方が書かれた記事を私の娘が英訳したものですが英語圏の人たちに向けてのものです。http://blog.goo.ne.jp/silverbirchashiya/c/a7cb275042c26d9e9f14fc47a3fb4d33

    是非gerardさんにも見て頂けたらと思います。

    kuny さんの今年一年のご活躍を祈っております。

    乱気流

    ラピス さん

    こちらこそよろしくお願いします。

    霊界を実感すればするほどこの世の汚れや重苦しさが目につくようになりますね。
    でもまだまだやらなければならない事があるので、”はいさようなら” というわけにはいきません。

    今年も乱気流が続くのでしょう。しっかりシートベルトを締めてというところでしょうか。こういう時こそ何が起きても動じない強さが求められていると思います。

    アメリカからのお便り楽しみにしております。

    No title

    高峯さん

    明けましておめでとうございます。
    このページを見て頂きありがとうございます。
    この場が何かのお役に立てているなら嬉しく思います。

    自分自身の姿を直視することが出来る方は向上心のある人だと思います。
    私も世の中の動きを見て腹立たしさを覚えることがよくあります。
    何の痛痒も感じないならもはやそれは人間ではないということになります。
    確かシルバーバーチの霊訓にもそういうフレーズがあったと思います。

    人間はあらゆる要素(煩悩)を持っているのでそれと共にこの世を生きぬくこと
    その環境で自分を鍛えることをこの世に来る前に自分で決めてきていると思います。

    スピリチュアリスと言えども煩悩と共に生きています。そのことに気づくか気づかないかは大きな違いであり気づいている人は幸せなのだと思います。

    今年一年のご精進を祈ります





    非公開コメント