05 | 2017/06 | 07
    - - - - 1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 -
    最新記事

    カテゴリ

    プロフィール

    大空澄人

    Author:大空澄人
    これまで自分の探求してきたものを 「いのちの波動」 というページ上で表現してきましたがPCのトラブルによりこのページに引き継がれました。一時的にご迷惑をおかけしましたことをお詫び申し上げます。

    リンク

    最新コメント

    メール宛先

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    検索フォーム

    カウンター

    境界線を越えて

    2017.01.24 09:12|インスピレーション
    高妻山  

    心を静かにすると物質と時間の影響を受けない世界が存在することがわかる。人間はその境界線を行ったり来たりしている。境界線を越えればそこは平穏な世界、戻ると騒がしい物質の世界。

    両方の世界は背中合わせになっていて人は両界を行ったり来たりしているが殆どの者は気が付かない。人はやがては物質界での勤めが終わり平穏の世界に戻っていく。

    地上は故郷ではなく一時の生活の場、本当の故郷は平穏の世界、すなわち霊界にある。

    コメント

    いつもありがとうございます。

    大空さんこんばんは。冬将軍が猛威をふるってますね。

    おっしゃる通りですね。ワタシ達はホント、行ったり来たりの繰り返し
    だと感じています。そんな中でも霊的真理を学んでいるせいか、最近…
    少しづつではありますが、出来事を一つ高い位置で観れる様になってきました。

    まだまだ未熟ではありますが、自身の進化が嬉しくもあり、これからが楽しみ
    でもあります。。

    No title

    ひでおじさん

    今年は今のところ冬らしい冬になっていますね。思えば私が子供の頃は毎朝のように洗面器に氷が張っていたように記憶しています。寒いのは年々体に堪えますがそれでも冬は寒いのが当たり前なので暖かい冬には違和感を感じます。

    人類は地球の温暖化を食い止めなくてはいけないのにその事実に目をそらして大声で反対している者がいますね。彼は至るところで自分の我を通そうとしていますが正に未熟な魂の表現です。霊的真理に通じている人ならばよくわかると思います。

    我々は就寝中は霊界(または幽界)に行き覚醒中はこの物質世界で活動しています。

    また瞑想中は日頃の精神を離れて霊的自我にアクセスしています。前述のことも霊的視野から見るとどういうことなのか、良い学びの材料になると思います。
    非公開コメント