09 | 2017/10 | 11
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -
    最新記事

    カテゴリ

    プロフィール

    大空澄人

    Author:大空澄人
    これまで自分の探求してきたものを 「いのちの波動」 というページ上で表現してきましたがPCのトラブルによりこのページに引き継がれました。一時的にご迷惑をおかけしましたことをお詫び申し上げます。

    リンク

    最新コメント

    メール宛先

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    検索フォーム

    カウンター

    夢の暗示

    2017.02.10 10:02|夢の話
    妖怪も泣いている
               妖怪も泣いている

    先月末、私は意味ありげな夢を見た。それは次のような内容であった。

    私は以前乗っていた車で旅をしている。ホテルの中のような場所を道路が走っていて進行方向左側が川になっていた。走行中、突然前方に金属製の大きなシャッターが降りてきて進路を塞がれてしまった。これは困ったと思い仕方なくバックし始めた。すると今度は後ろ側もシャッターが降ろされてしまった。閉じ込められて、にっちもさっちもいかなくなってしまったのである。丁度小旅行に行く数日前だったので今回は気を付けないといけないなと思っていた。しかしその後の旅行は何の問題もなく無事に終わった。結局その夢は自分の事ではなかったようである。

     

    そして昨夜は鮮明な夢を見た。私は幽界を旅しているようであったがかなりリアルな内容であった。どこかはわからないが、ある道を歩いていると左側に急な崖があり良く見ると斜面が大きくえぐれている。どうやら土石流が起きているらしくそれも大規模なもののようだ。地面の深くえぐれた場所は気味の悪い様相を呈している。その近辺に住んでいる住民が外に出ていて私は話をした。こんなになっているけどあなたの家は大丈夫?と私が尋ねるとそのおばさんは、こんな状態になってしまったけど私は他に住む場所もないからねとあきらめ顔で言う。

     

    大変だなと同情しながら私はその場を離れた。次に気が付くと私は海岸沿いにある美しいリゾートにいた。どうやって移動したのかはわからないが瞬時に移動している。幽界や霊界では移動の手段は必要が無く行きたいと思っただけで直ちに移動が出来るようである。そのリゾートは海がきれいで透明度も高くそこで泳ぐのはとても気持ちがよく水も冷たさを感じないし、第一海に入っても体が濡れることが無く水着も必要が無い。

     

    次に場面が変わり私はそのリゾートのカフェにいた。カフェは建物の二階にあり窓が無くて全部吹き抜けになっており周囲が見渡せる。私はテーブル席にゆったりと腰かけテーブルには注文したものが置かれている。そこはすべて無料であり注文するとすぐにウエイターが料理を出してくれる。あっという間であり待ち時間というものがない。実に快適、第一金を払う必要がない。他にも何人かの客がいてゆったりと料理や景色を楽しんでいる。何と気持ちがいいのだろう、ここは極楽か? 私は存分に羽を伸ばしていた。

     

    すると向こうからこちらに向かって大きくて角ばった頑丈そうな車が猛スピードで走ってきた。30年くらい前に流行ったアメリカの大型のオフロード仕様の車、フォードブロンコのような外観であり色は黒であった。とにかくあたり構わずガンガン走ってくるが、その車の進路前方にはコンクリートの塊か大きな岩のような障害物がありそのまま進めば激突してしまう。「あっ、危ないぞ!」というその様子を見ていた他の客の叫び声が終わらぬうちに車は障害物に激突して大破した。何と馬鹿なことをする奴がいるのだろう、こんな場所で.....。私は呆れてしまった。そこでその夢は終わったのである。



    追記
    それらの夢の意味するものは何か?私には閃くものがある。読者の方々も同様の感を持つ人がいるかもしれない。土石流にはぎ取られた土地はトランプの暴言や暴挙によって傷つけられた人々の心、暴走してきたアメ車はトランプ自身の姿を彷彿させる。また壁によって行方を阻まれる光景も同様である。ところ構わず喧嘩をふっかけて歩けば自分の居場所はなくなりそれは自殺行為に等しい。やがては傾いた天秤が戻る時が来るであろう。そのエネルギーは彼が方針を変えない限り着実に蓄積していくだろう。

    人間もその他のものも神の摂理に背けばいずれは滅びるしかないのである。霊的無知は悲しい。彼の姿、それは心を忘れて物質偏重主義で進んで来た地球人類の姿を端的に表現しているような気がするのである。

    コメント

    アメリカの暗示

    なるほど!
    私も、先日 似通った夢を見ました。
    4機の小型飛行機が、大型トラック1台を吊り下げて 青い空を上昇しているのです。
    荷台の四隅を長いロープで縛って、4機でバランスを取っています。ところが、急に右前方の飛行機がバランスを崩して、飛行機は荷台ごと 巨大ビルに落下。ビルの右半分が無残に倒壊してしまいました。遠くから眺めている私はどうすることも出来ません。
    正に 飛行機は彼のブレーン、トラックはトランプ、ですね

    トランプは病んだアメリカの象徴なのかもしれませんが、正直、彼の持つ霊性の低い下卑た雰囲気に吐き気がします。人類は、ここまで病んでいないはずです。
    一部残った左のビルの部分は緑色の床でした。平和を望む人たちは無傷だというメッセージを感じる夢でした。

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

    理性と良心の声

    フムさん

    私たちが物事の正否を判断する元になっているものは何でしょうか?

    それは自分の中にある理性と良心の声であり、それは全ての創造主である神からの授かりものです。理性と良心の声は全ての人に埋め込まれています。
    理性と良心の声に従って生きるならば間違いを侵すことはありません。

    悪をなすものは自分の良心の声を聞きながらも無視しているのです。
    聞けないわけではないのです。

    悪とは人間の霊的成長を妨げるものであり、善とは霊的成長を促すものを意味します。

    昔から世の中には様々なプロパガンダが流れていて今は一層その影響が一人ひとりに及んでいます。そういう中で物事を正しく見るためには理性と良心の声に耳を傾けることです。スピリチュアリストであるとかブランドには関係ありません。

    No title

    ちりりんさん

    同感ですね。
    今は一瞬にして世界中を情報が駆け巡る時代です。彼の言動によって世界中で何十億人の人が不安に陥れられたでしょうか。霊の世界にはすでに大きな傷跡が残されているでしょう。彼は昨年の大統領選挙以来自分の同胞(全人類同胞、大霊の子)を不安と対立の世界へと誘導してきたように感じます。私達が見た夢はこのまま進むならばそういうことになりますよという警告でしょう。

    ここ数日の動きを見ると少しずつ変化が表れているように感じます。
    政府の要人たちが必死になって彼のこれまでの言動の言い訳、取り繕いをしているようです。

    彼らの本音は
    「あんさん、もうちょっとおとなしくしておいてくれんかなー! 大統領がそんな無茶やったら全部ぶち壊しになってしまうがな、頼むわ」。

    関西弁で言うとこういう事になりますかね(笑い)

    少しずつ現実路線に近づいていくしかこの政権の生き延びる道はないと思います。出だしから政権末期の様相です。豊臣秀吉の晩年の朝鮮出兵を思い浮かべます。
    それにしても具体的な経済政策は一体何時になったら出てくるのでしょうね。
    市場は勝手に先走りしていますが.....。何時梯子を外されてもおかしくありません。

    そして未だに全閣僚メンバーすら決まりません。果たして初めからまともなビジョンはあったのでしょうか?


    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます
    非公開コメント