05 | 2017/06 | 07
    - - - - 1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 -
    最新記事

    カテゴリ

    プロフィール

    大空澄人

    Author:大空澄人
    これまで自分の探求してきたものを 「いのちの波動」 というページ上で表現してきましたがPCのトラブルによりこのページに引き継がれました。一時的にご迷惑をおかけしましたことをお詫び申し上げます。

    リンク

    最新コメント

    メール宛先

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    検索フォーム

    カウンター

    大きな目標に向かって

    2017.04.14 08:56|親族、友人の霊界便り
     城山 1 

    (叔父より)

    小さな出来事に目を奪われることなく自分の大目標に向かって進め。


    小さなことに心を奪われていると自分の一番大切なものを見失ってしまう。


    大半の人はそうなっているが小さなことは放っておいても自然に収束していく。

    コメント

    No title

    大空さん

    いつもありがとうございます。

    私は現在 生計を共にしている家族がおりません。

    ですから 私が他界することによって、物質的、経済的に困る人はおりません。

    私は家族に対する思い煩うこと、取り越し苦労すること 何一つありません。

    一人でいる時間が多いことによって、神や守護霊、霊界を実感できるように瞑想の時間も多く取れます。

    一人でいても 寂しいと感じることもあまりありません。

    小さいことに思い煩うことがどんどんなくなって、とても恵まれた環境にあります。

    今はただ 「霊的真理」を時期のきた方にお伝えするだけです。

    「霊の世界」を信じる人を増やしていきたいだけです。

    No title

    コバチャン本舗 さん

    結局は大我を知る、大我の声を聞けるようになる。
    この言葉の中に全てが集約されると思います。

    時期の来た人とは大我(潜在意識、霊的意識)が肉体の制限を突き破って顕現しようとしている状態の人でしょう。

    それまではなかなかわからないと思います。
    例えば私の小冊子を読んで難しいと言う人はまだ時期の来ていない人なのです。
    でも外部を見渡すと時期の来ていない人が圧倒的に多いです。

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

    No title

    マロンさん

    平均寿命まで生きれば十分、その通りだと思います。
    平均寿命まで生きなくてもどうということはありません。

    霊的真理を知れば寿命の長さを論じることに意味がない事がわかると思います。
    元来人は自分の地上人生の長さを決めて生まれてきますが肉体に宿るとそのことが
    思い出せないのです。

    長く生きることが幸せではありません。要するに自分のこの世での使命を達成出来ればいいのです。世間の言う寿命とは肉体の寿命であって本体である霊としての寿命とは関係がありません。霊としての寿命に終わりはありません。

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます
    非公開コメント