10 | 2017/11 | 12
    - - - 1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 - -
    最新記事

    カテゴリ

    プロフィール

    大空澄人

    Author:大空澄人
    これまで自分の探求してきたものを 「いのちの波動」 というページ上で表現してきましたがPCのトラブルによりこのページに引き継がれました。一時的にご迷惑をおかけしましたことをお詫び申し上げます。

    リンク

    最新コメント

    メール宛先

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    検索フォーム

    カウンター

    援助の力

    2017.06.30 06:34|インスピレーション
    tatukusi.jpg

    あなた方の周囲には強大な力を持った霊の勢力(地球人類救済のための霊団を意味する)が控えています。そこから援助を引き出せるかどうかはあなた方次第です。内部に潜在している霊的資質がある程度まで開けていないと援助の力を受け取ることが出来ないのです。自分で努力してそのレベルまで到達してくれないと、こちらからは手を貸してあげられないのです。

     

    例え話

    霊界側は水の中に入って行けない。地上の人間が水面まで浮上してくれないと救いの手を差し伸べることが出来ない。ところが大半の人間は未だ水中に潜ったまま。霊的に居眠りをしている状態なのである。


    コメント

    No title

    大空さま

    ブログの更新ありがとうございます。

    例え話は、とても分かりやすいです。
    人間は霊的真理を知らないと、あれこれと執着しますから、それが重たくて水面に浮上できない図をイメージしました。私もがんじがらめの執着で、それはそれは重たかったです^^;;;


    やっと、一番大きな執着が手放せそうです。

    No title

    ちりりんさん

    霊界側から見て霊的なものに全く反応しない人間は援助のしようがないでしょう。
    一人でも多くの人に目覚めて欲しいものですね。

    軽快な霊的な自分、対して重い肉体を背負っているこの世での自分、我々はその両面を持っているのですが人はなかなか気付きません。気付けば霊界からの援助を受けやすくなるし、ものの見方も変わるのですが。

    共に霊界の道具として精進して行きましょう。


    No title

    近所の人の嫌がらせが凄く、以前にも、コメントをさせて頂きました。
    周りを巻き込んで、嫌がらせの度を越していると感じています。
    霊界では、当然真実は全てお見通しのはずですが、なんでこうも、悪い状況に物事が進むのか、霊界からの助けもないのかと思っています。

    これらの出来事を学びとして少しずつ強くなれてはいますが、一方で、被害者意識や恐怖心、理不尽さへの怒りの感情もあり、出来事をあるがまま受け容れることは出来ていません。そういった感情が、助けを得られない原因となっているのでしょうか。

    この出来事がなければ、成長もなかったと思いますが、さすがに長い期間状況に翻弄されて疲れます。

    No title

    さとさん
    地上の問題は地上の人間が解決しなければなりませんが、色々と対応を考える上においてその背後では守護霊が応援してくれます。もちろんこちらが正しい事が前提です。
    人間が何もしないものを霊界側が解決してくれるようなことはありません。

    よく事象を分析してこちらに落ち度はないか再確認してみてその上でどうすれば解決できるのかを考えるべきでしょう。

    嫌がらせというのは卑劣な行為であり、相手の魂が未熟であることを証明しています。

    また嫌がらせを受ける側は被害者意識が強くなって身構えることになり、ちょっとした事にも過剰反応するようになりがちです。

    冷静に状況を分析したうえで対応策を考えられたらいかがでしょうか。
    非公開コメント