06 | 2017/07 | 08
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 31 - - - - -
    最新記事

    カテゴリ

    プロフィール

    大空澄人

    Author:大空澄人
    これまで自分の探求してきたものを 「いのちの波動」 というページ上で表現してきましたがPCのトラブルによりこのページに引き継がれました。一時的にご迷惑をおかけしましたことをお詫び申し上げます。

    リンク

    最新コメント

    メール宛先

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    検索フォーム

    カウンター

    性根の真っ直ぐな人間 

    2017.07.08 08:55|インスピレーション
    IMG.jpg 
    神の通路(霊力の通路)になる人間は素直で性根が真っ直ぐでなければいけない。性根の曲がっている者は如何ともし難い。何事においても自分の我が入ってしまい物事を正しく見ることが出来ないからである。神との交流においては自分の我を捨てられる人間でなければいけない。


    補足
    上は遠隔ヒーリングの絵図です。霊医から送られた生命エネルギー(治療エネルギー)がヒーラーを通して患者に送られているところです。スピリットヒーリングにおいてはヒーラーは自分を捨ててひたすら霊力の通路に徹することが求められます。ヒーラーや霊媒は霊界の道具として働いていますが小我としての自分を捨てられるかどうかが鍵でしょう。

    コメント

    No title

    大空さま

    いつもありがとうございます。

    霊的知識を手に入れれば入れるほど自分の我欲を見つけてしまい、霊界の道具としてのハードルの高さを思い知ります。

    小我を捨て、個性を磨くことの難しさを いつも痛感しております。

    No title

    ちりりんさん

    瞑想をしている人ならば人間は一日の内に大我と小我を行ったり来たりしていることを自覚しているでしょう。経験なければわかりません。

    そういうことを自覚することが出来る人間はまだ少数であり、大部分の人は小我の意識しか自覚していないと思います。

    そう思えば両方がわかるということは幸せなことです。将来になればあの頃の体験が役に立ったと思うに違いありません。
    非公開コメント