08 | 2017/09 | 10
    - - - - - 1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    最新記事

    カテゴリ

    プロフィール

    大空澄人

    Author:大空澄人
    これまで自分の探求してきたものを 「いのちの波動」 というページ上で表現してきましたがPCのトラブルによりこのページに引き継がれました。一時的にご迷惑をおかけしましたことをお詫び申し上げます。

    リンク

    最新コメント

    メール宛先

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    検索フォーム

    カウンター

    何故霊界の声を聞かなければならないか

    2017.08.21 09:06|インスピレーション
    伊勢外宮外から

    それは地上の人間はしばしば判断を間違えるからです。心を鎮めて日頃の自分を離れたら霊界の声を聞けるようになります。自分の判断の中に無意識のうちにそれが現れるようになるのです。

    ヒーリングをしている人に対して
    ヒーリングの時には自分を信じなさい。そうしないと通路にはなれません。


    補足
    霊界の声とは守護霊の指導のことです。誰でも守護霊の指導を受けているのですがそれに気付きません。私たちは日頃の煩悩的思考から物事を判断すると間違いを起こします。心を鎮め、日常の煩悩から離れて物事を判断することが出来れば守護霊の声が反映されるようになります。ヒーリングの話は私に対するアドバイスです。私は娘と共に今年に入ってから遠隔ヒーリングをするようになりました。

    ヒーラーは霊的治療エネルギーの受信兼送信機なので果たして自分にそういうことが出来るのか等と少しでも自分への疑いの気持ちがあったりするとエネルギーは正しく伝わりません。ヒーリングの際の絵図を7月8日の記事「性根の真っ直ぐな人間」において掲載しています。





    コメント

    No title

    大空さま

    この写真、とてもいいなっと思って拡大したら 後ろに祠らしきものが。
    とても清浄な気配を感じました。美しい空気感に心が洗われますね。

    欧州と違い、湿度が高く滋味豊かな日本の気候は、シッティングよりもヒーリングに向いているように思います。

    今後、ヒーラーの道を歩む方が増えていくのではないでしょうか。

    大空さまと娘さまの今後の展開が楽しみです。

    No title

    ちりりんさん

    この写真は4月に伊勢神宮の外宮に行った時のものです。
    参道からちょっと横に入ると神殿が日に輝いていたので撮影してみました。

    ヒーリングはエネルギーを送るほうも受けるほうも霊的エネルギーの威力を実感することが出来るので病気が治る治らないは別にして霊的覚醒に繫がると思います。

    一歩一歩進みましょう。

    チョコやんはあれからとても元気ですよ!

    No title

    チョコやん元気で何よりです^^

    動物さんは素直だからか、人のようなカルマが無いからなのか、遠隔ヒーリングが割と効くような気がしています。

    人へのヒーリングは、魂の癒やしと霊的覚醒を促す目的ですので、一歩一歩着実に進めていきたいと思います。

    No title

    ちりりんさん

    先月のヒーリングでは力強いエネルギーが届いていましたよ。
    真っ先に感じたのは浄化のエネルギーで、スピリットヒーリングであることを実感出来ました。

    人間の大人は人生を生きる上で大なり小なり濁りが溜まっていますからまずはそれを浄化することが必要なのでしょう。

    犬は人間のように構造がややこしくないのでシンプルにサイキックなエネルギーが浸透して行きやすいのかもしれません。



    No title

    大空さま

    確かに動物さんはシンプルですものね。サイキックエネルギーは私の得意とするところですが、この段階で留まることなく精進したいです。

    あの時エネルギーを送る前に皆で大霊に祈り、精神統一をしました。その場が浄化され、スピリットの存在を感じてのヒーリングでしたので、上手くエネルギーを送れたのではないかと踏んでおりました。
    お互いの能力が上手く噛み合ったのかもしれません。

    一回一回が実験のようなものです。

    こういう話が、どなたかの参考になれば良いのですが・・・・

    いつもありがとうございます。

    非公開コメント