09 | 2017/10 | 11
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -
    最新記事

    カテゴリ

    プロフィール

    大空澄人

    Author:大空澄人
    これまで自分の探求してきたものを 「いのちの波動」 というページ上で表現してきましたがPCのトラブルによりこのページに引き継がれました。一時的にご迷惑をおかけしましたことをお詫び申し上げます。

    リンク

    最新コメント

    メール宛先

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    検索フォーム

    カウンター

    地上生活は比較検証の場

    2017.10.12 11:01|インスピレーション
    清々しき朝 



    元来あなたはそこの住民ではない。地上の住民ではない。ある目的の為に今の肉体に宿って地上生活をしているのである。そこでの出来事に一喜一憂する必要はなく、地上生活を終えた時その事を実感するであろう。

     

    地上の生活は比較検証の場であり霊界に行くと地上のように比較の対象となるものが存在しない。地上には両極端なものがあり物事を見る目を養うには絶好の場所なのである。自分が出来事に感情移入して一喜一憂するのではなく冷静に観察して対処すれば良い。



    追記

    この記事は「地上を旅するものであれ、地上の住民となるなかれ」というイエスの言ったとされる言葉と同じことを意味します。

    コメント

    No title

    大空さま

    アメリカは銃撃やハリケーンや大火事などのニュースが続いていますが、広いので、それらから距離のある土地に住んでいると普通の日常が続きます。

    普通の日々にも上がり下がりがあり、感情にとらわれて頭がグルグル回りをすることが多々あります。
    大空さまが受け取られるメッセージの中で特に心が動かされるのが「物事を見る目を養う」ということが書かれている部分です。以前のHPの中にもあり、惹きつけられました。出来ていないから気になるのでしょうね。

    日常に起こる、自分からみて理不尽なことは受け入れがたくて、それを栄養分にして成長するところまではなかなかいけないものですね。

    No title

    ラピス さん
    我々の住むこの地上世界は自分と波長の違うものが一杯あり、絶えずそれに身をさらしている状態だと思います。見たくないのに、聞きたくないのに遠慮なくそういうものが侵入してきます。

    ところが地上を去り、霊界に進むと自分と波長の違うものが入ってこないでしょう。
    同質の者同志が集まる世界が形成されているので嫌なものが入って来ません。誰でも波長の違うものと触れ合うのはストレスを感じるはずです。

    霊界に行ってみて地上時代のその時嫌と感じたことが自分の為になっていたことが分かるのでしょう。現時点ではわからないと思います。後になって分かるのですね。

    わかってるつもりだけど。。。

    わかってるつもりだけど、つい忘れてしまう事。
    今日の文章は手帳にメモしました。
    いえ、最近はスマホのカメラでパシャッと撮って保存してます。
    この方が目にし易いです。
    そして、目にする度に気持ちを改めています。
    ただ、年の功なのか、少し余裕も出て来ました。
    カチンと来る内容がいつも同じような事だったりするのです。
    度々同じ落とし穴に落ちるという事は、それに抵抗する何かが自分の中にあるんじゃないのか云々。
    なんて考える余裕です。
    ただしこれ以上はまだ成長できておりません。
    今後の課題とします。

    No title

    guremi さん

    記事を見て頂きありがとうございます。
    この世で人生を完結させることは不可能だと思います。

    皆、何がしかの課題を持ったままこの世を去っていくでしょう。
    それは昔から繰り返されてきたことです。

    自分の心の状態を観察できる人は恵まれていると思います。
    人生はこの世と霊界を通して際限のない向上なのですから気長に行きましょう。

    No title

    大空様

    ご無沙汰しております。
    こちらにはいつも来させていただき、読ませていただいています。

    行きつ、戻りつどころか、後退しているとしか思えないことが多い日々なのですが、
    guremiさんへのお言葉「人生はこの世と霊界を通して際限のない向上なのですから
    気長に行きましょう。」を自分のことに置き換えさせていただいたりして、ついつい
    だめだーと思いがちな気持ちの切り替え、自分の励みにさせていただいています。

    先日、義兄が家庭から多額のお金を家族に無断で持ち出し、マルチまがい商法に乗ってしまいました。私(義兄に甘く見られたものです)を巻き込もうとした義兄とのやりとりのなかで義兄の考え方や義兄がこれまでの姉や家族に対して見下した態度や言葉の数々についカッときてしまい、やりあってしまいました。(笑)
    まさに『自分が出来事に感情移入して一喜一憂するのではなく冷静に観察して対処すれば良い』のですのにね。。。


    今日もありがとうございました。

    No title

    ともちゃん 

    色々と腹の立つことがありますよね。
    怒りの感情は当然のことで何の痛痒も感じないとしたらもはや人間ではないと思います。しかし一時的に感情を荒立ててもやがては理性がそれを静めてくれるものです。

    そんなことを繰り返しながら経験を積んで少々の事では動じなくなる。
    そうありたいものですね。言うは易し行うは難しです。

    本当にこの世は修業ですが、私もこの世を旅する旅人なのだと自分に言い聞かせる毎日です。

    こんにちは。いつも読ませていただいております。
    ここの住民でないとなれば、なおさら早く帰りたい気持ちになってしまいます。
    許すのも難しい。
    受け入れてばかりだと参ってしまう。
    我慢ばかりしている気がします。
    人のために動いて、明るく振舞っても、自分が嬉しくなれずに虚しくなるばかり。
    今の精神状態がどん底のせいですが、夫はそっとしておいてくれず、自分だけが辛いと思うな!と機嫌悪くなってしまいます。
    自分を見失っています。
    瞑想も上手くできません。
    好きなこともありません。
    自己肯定がまったくできません。

    暗くてすみません。誰かに聞いて欲しくて(泣)

    No title

    お名前がわかりませんが

    逃げていると苦しいです。
    立ち向かえば道が開けてきます。

    その壁も自分の心が作っているものが多いと思います。
    自分の身の丈以上の試練はありません。

    何か一つでも壁を破ってみてください。そうすれば自信が付き、ものの見方も変わります。

    現在の精神状態のままであちらに帰ると後悔することになります。

    名前なしの者です。
    お返事ありがとうございます。

    壁が何かもわからないですが、探して壊してみます。

    いつもありがとうございます。

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます
    非公開コメント