10 | 2017/11 | 12
    - - - 1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 - -
    最新記事

    カテゴリ

    プロフィール

    大空澄人

    Author:大空澄人
    これまで自分の探求してきたものを 「いのちの波動」 というページ上で表現してきましたがPCのトラブルによりこのページに引き継がれました。一時的にご迷惑をおかけしましたことをお詫び申し上げます。

    リンク

    最新コメント

    メール宛先

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    検索フォーム

    カウンター

    雑事の重荷 

    2017.10.19 06:46|真理を求めて
    吉野 2

    地上生活の特徴は昼夜があって毎日が一区切りになっていることであろう。色々あっても日が暮れるとひとまずは終わる。この世を去って霊界に行くとそういう区切りがなくなるので何かをやろうとすれば制限なくやれる。疲れたら休めばよい。反面,同種の苦しみがずっと続くことになる。地上では寝たら一応そこから離れることが出来るが地上を去ればそういう事は出来ない。

     

    この世の生活の特徴は日々の生活が殆ど雑事で占められる事だ。雑事に追われて一日が終わる。雑事に追われて一生を過ごす者もいよう。人間は物質の世界の管理人なのでその重荷からは逃げられない。これは一種の罰である。

     

    多くのものを持つほどその負担は大きくなる。故にこの世の生活においては必要最小限のものを持っておればよいという事になろう。人間にとって物質の世話をする事はこの世での義務であり、自らの修業なのである


    コメント

    No title

    いつも、霊界からの教訓をありがとうございます。

    確かにこの世の仕事の殆どは霊界では必要のないものでしょうね。
    一生を雑事に追われて過ごした人ほど、他界後の世界を喜ばれるでしょう。

    「多くのものを持つほどその負担は大きくなる」とのことですが、皮肉にも現世では多くのものを持つほど立派だとされます。

    でも、霊的真理を知っているからには、身軽に霊界に行きたいものですね。

    ところで、このお写真の一番下に緑のオーブがありますね。
    何だろうな?可愛らしい印象です。

    No title

    ちりりんさん

    この写真は娘が撮ったものを拝借しました。緑色の小さな球体が写っていますね。
    オーブと呼ばれるものにしては輪郭鮮明なので光の反射によるものかもしれません。

    下に娘の撮った写真がありますがこれは妖精っぽいです。
    The Spirichual truth by Silver Birch の9月25日の記事の写真です。

    http://blog.goo.ne.jp/silverbirchashiya/e/c610abf10bd0385f415d108481372a5f

    この世の人たちは肉体を養い維持するために大半のエネルギーを費やしているのですね。それを知らず気づかずに生活している人が殆どでしょう。
    霊的真理を知ってほしいものですね。

    No title

    >この写真は娘が撮ったものを拝借しました。緑色の小さな球体が写っていますね。
    >オーブと呼ばれるものにしては輪郭鮮明なので光の反射によるものかもしれません。

    わわっ残念です。初めて緑色の球体オーブを見たって思って、新種かな~、何かな~って喜んでいたのですが・・・やはりオーブは霊的エネルギーの一種ですのであまり完成度が高くなく、かつ人工的ではないかもしれませんね。

    娘さまの写真のオーブは、わりと大きめですね。
    個性があるのか、ちょっと2体の形に違いがあるのが面白いです。
    お花によって妖精の特徴が違っていて、植物の世界も奥深いです。

    No title

    ちりりんさん

    あの写真は花びらが球体を掴みに行こうとしているかのようです。
    人間の手みたいに。面白いですね。
    我が家の畑で撮影したそうです。

    また強い台風が来ています。まともに来たら嫌ですね。

    近頃は自然界も人間界も変動の激しい時期なのでしょう。

    雑事の重荷の中で…

    大空様 しばらくぶりです。定期的なブログ更新、ありがとうございます。

     日々の生活、雑事、それに加え、高齢による重荷、課せられた課題に振り回される日々でもあります。

     そんななか、我が家の門扉の片隅に植えたフジバカマに渡りをするチョウのアサギマダラが6匹、花を見つけて蜜吸いに来てくれていました。「こんな小さな植え込みがどうしてわかったの?」「5月は渡りのために日本列島を北上し、10月は列島を南下する。そのエネルギーはどこからきたの?」と問いたい思いが募りました。
     
     何という命の輝きでしょう。ここにも具現化された神様のイノチが輝いています。毎日の雑事の重荷の中で、この輝きこそが地上に生を受けた自分のテーマではないか、など希望を与えてくれます。

     フジバカマにアサギマダラが来るのを知ったのは福岡県宗像市や福津市のミカン農家
    がミカン園の隙間にフジバカマを栽培して試したのがきっかけだそうです。大空様の不ログ読者の皆様、余裕があれば、イノチの輝きを見せてくれるアサギマダラを招くフジバカマを栽培されますようお勧めいたします。

    No title

    kuny さん

    お久しぶりです。お元気にされていましたか?
    物質世界での生活は重いですね。

    動植物の活動を見ていると癒されます。神からのエネルギーを受けて忠実に生きているという感じがします。人間は自由意思が許されているのであっちに行ったりこっちに行ったりしています。

    自然界の営みは神の現われですね。
    非公開コメント