10 | 2017/11 | 12
    - - - 1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 - -
    最新記事

    カテゴリ

    プロフィール

    大空澄人

    Author:大空澄人
    これまで自分の探求してきたものを 「いのちの波動」 というページ上で表現してきましたがPCのトラブルによりこのページに引き継がれました。一時的にご迷惑をおかけしましたことをお詫び申し上げます。

    リンク

    最新コメント

    メール宛先

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    検索フォーム

    カウンター

    立ち向かえば楽になる 

    2017.10.27 09:05|インスピレーション
    朝焼け1  

    霊界では自分が本当に好きな事をして暮らせる。地上では生活の為に嫌な事でもしなければならない。気の進まぬ事でも生活の糧を得る為にやらねばならない。気の合わぬ者とも付き合わねばならない。

     

    しかし勇気を出してそれらに立ち向かえば、壁は取り除かれ自分が一回り大きくなる。地上はそういう所である。自分を鍛える場所なのである。尻込みすれば苦しくなり、立ち向かえば楽になる。





    コメント

    No title

    大空さま

    さきほどNHKで「ベーシックインカム」といって、政府が一定の金額を無条件で全国民に支給する制度の特集をしていました(可能性は未知)

    人工頭脳の開発が進みロボットが人間の仕事を代わりにするようになると、将来的に従事できる仕事そのものが減っていくだろうと予測しての対策だそうです。

    実行されれば、生活のために我慢している嫌いな仕事を辞めることも出来、好きなことをして暮らせる可能性もあれば、一方では労働意欲の低下が懸念されるとも言っていました。

    気の進まない仕事をしなくてもよくなったら嬉しい気がしますが、忍耐力も受容力も思考力も育ちませんね。。。

    仕事をしないと食べていけないという切実さが実は修行になっていて、それが幸せなのか不幸せなのかわからないというジレンマも結局のところ修行になっているのですね。

    職場でなかったらお付き合いしたくないなと思う人達にも、顔で笑って心で泣くのも、味わうべきことなのかもしれませんね、でも疲れますね~

    No title

    ラピスさん

    ベーシックインカムは今の社会の混乱の大元は富の偏在なのでそれを是正しようという動きでしょうか。国民一人当たり7万円支給とか、そういう発想が出てくるということは現在の弱肉強食の社会が行き詰ってきているということでしょう。現実的には増税などいくつものハードルを越えなければならないでしょうけど。

    収入を得る為に嫌な仕事をする必要がないというのは楽なようですが、そうなったらなったで、また別の問題が見えてくるでしょう。どこまで行ってもこの世は問題と向き合うように出来ていますから。人間がそういうものから本当に解放されるのは霊界に進んでからということになるでしょう。
    非公開コメント