10 | 2017/11 | 12
    - - - 1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 - -
    最新記事

    カテゴリ

    プロフィール

    大空澄人

    Author:大空澄人
    これまで自分の探求してきたものを 「いのちの波動」 というページ上で表現してきましたがPCのトラブルによりこのページに引き継がれました。一時的にご迷惑をおかけしましたことをお詫び申し上げます。

    リンク

    最新コメント

    メール宛先

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    検索フォーム

    カウンター

    実在でないもの

    2017.11.04 07:06|インスピレーション
    渓流 2    

    地上生活で味わう様々な物的なものは実在ではない。それに関わる事によって生まれる心の彩も実在するものではない。それらは地上生活に付いてくるものであり一時的なものであるから実在と勘違いしないように。地上生活を終わった後はそれらを浄化する事が必要になる。





    追記
    名誉や社会的地位、財産などは実在するものではなく地上生活で一時的に付いてくるものである。

    コメント

    励みになります。

    日々のお言葉、励みになります。

    以前、武田鉄矢氏が『人生はプロローグで始めてエピローグで結ぶのが理想』みたいな事を言っておられた記憶があります。
    その頃親しい人に『お前の人生はどこを輪切りにしてもプロローグだ』と言われていた私は落ち込みました。
    これは、いつまでも理想を追い求めてフラフラしていないで、起承転結の人生にしろ、という事なのだと思いました。
    それからウン十年、依然変わらずですが、体験するために生まれて来たのだということがわかった今、試行錯誤しながらも、苦楽(ちょっと大袈裟?)を体験したという点では大いに満足しております。
    体験して始めてわかる感情、まだまだ知らない感情はたくさんあります。
    日々の体験を有り難く受け取り、味わい愛でる、そしてエピローグ無しでストンと終わるのも良しと思っています。

    No title

    guremi さん

    秋らしいさわやかな天候が続きますね。
    プロローグとかエピローグというのはその時点では分からず、後で分かるものでしょう。何十年か経過してある程度大きな物差しで測るとようやく起承転結がわかるということで、人生も後半になってからでしょう。

    それまでは目の前の事に対応していくだけです。最後のほうでああ、あの時はわかっていなかったのだと感じるのではないでしょうか。

    非公開コメント