10 | 2017/11 | 12
    - - - 1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 - -
    最新記事

    カテゴリ

    プロフィール

    大空澄人

    Author:大空澄人
    これまで自分の探求してきたものを 「いのちの波動」 というページ上で表現してきましたがPCのトラブルによりこのページに引き継がれました。一時的にご迷惑をおかけしましたことをお詫び申し上げます。

    リンク

    最新コメント

    メール宛先

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    検索フォーム

    カウンター

    誰もいない海

    2012.09.28 12:58|日々の暮らしの中で

    P1020876_convert_20120927104719.jpg
     

    無人のビーチ

    学生時代に流行った「誰もいない海」を思わず口ずさみたくなってくるような風景だ。
    この浜辺(鹿島海水浴場)では昔からよく遊んだ。子供たちもここでよく泳いだものだ。

    9月も後半になったのにいまだに日中は30度近くまで気温が上がる。でも真夏のような湿気がないので
    木陰に入ると涼しい。本当は真夏よりも今の季節のほうが快適なのだが誰も寄り付かない。

    ビーチは人影がなくなり今ではここに来るのは犬の散歩に来る人くらいだ。
    私も夕方チョコさんを連れてここに来ることがある。




    P1020875_convert_20120927102101.jpg 


    引き潮になると島と島が繫がる。ここはエンジェルロードと名付けられ週末は若いカップルが多い。
    満潮になると水深1m以上になり、その上を水上バイクやシーカヤックで通過できる。

    ここは意外に潮が速くて水泳達者なものでないと流される。奥の大きな島は余島でYMCAの
    野外施設などがあるが昔は民家もあった。




    P1020880_convert_20120927103240.jpg 

    ここは島の西南端でこの岩から沖に真っ直ぐに水面下の岩が100mくらい伸びている。

    この辺りは潮の流れが速く岩は走っている漁船の内側にあり先端には目印の浮標が置かれている。
    漁船のはるか向こうには瀬戸大橋があり空気の乾燥する冬場はよく見える。
    ここは今は廃校になった小学校があったところで校庭の一部が写っている。

    右手の大きな島は豊島で高齢化と過疎化が進み今は人口が1000人くらいである。
    産廃問題で全国的に名が知られることになったが小豆島より一層素朴で静かな島である。








    P1020853_convert_20120919141559.jpg
     

    別の日に手前の丘の上から干潮のエンジェルロードを見たところ。
    天橋立と似たところはあるがあちらは日本海、また雰囲気が違う。
    遠くの薄くて台形の山は屋島で右側が高松市になる。




    P1020856_convert_20120919144222.jpg 

    愛犬も新しい家?に慣れてきて満足顔。あちこち連れて行ってくれるので嬉しい?
    島で乗るには本当に高級車はいらない。軽のワンボックスで十分だ。




    P1020860_convert_20120919141913.jpg 

    普段の9月なら秋霖で前線が停滞して梅雨と同じくらい雨が降るのだが今年は
    全く降らない。この間から台風が3個発生したがいずれも九州をかすめて通り
    その後朝鮮半島を直撃した。 3連発というところか。

    例年なら9月は台風が日本列島を串刺しするのだが、今年は特に太平洋高気圧が強かったので
    台風は本州に近づけず朝鮮半島のほうに向かった。

    しかし今年の夏は本当に暑かったのでこの麦わら帽子が大活躍した。



    P1020839_convert_20120919141741.jpg 

    夏のシンボルのひまわりも我が家では9月になってから咲いた。
    花にも表情があり、いかにも何かを訴えているようだ。
    10cmくらいに掌を近づけるとジーンと熱が伝わってくる。
    ひまわりは大きなエネルギーを持っている。



    P1020845_convert_20120919142126.jpg 

    手前のひまわりが頭を垂れてきたのでひもで上から吊るしてみた。
    でも後から咲いた向こうのに比べると活力がなく人生?もあと少しといったところか。

    今年の夏は私はこれまでの半分も活動できなかったがこの島にはこのように心癒してくれるものが
    豊富にあり寂しい思いをすることもない。

    コメント

    非公開コメント