FC2ブログ
    07 | 2018/08 | 09
    - - - 1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 31 -
    最新記事

    カテゴリ

    プロフィール

    大空澄人

    Author:大空澄人
    これまで自分の探求してきたものを 「いのちの波動」 というページ上で表現してきましたがPCのトラブルによりこのページに引き継がれました。一時的にご迷惑をおかけしましたことをお詫び申し上げます。

    リンク

    最新コメント

    メール宛先

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    検索フォーム

    カウンター

    聖なるもの

    2017.12.12 11:18|インスピレーション
    奇岩群

    聖なるものを感じられるようになると、人は地上の諸々の出来事を不快に感じる様になる。高いものがある事を知る事によって自分が現在置かれている環境を不満に思うようになる。それと共に、自分の進んで行く先にはそういう世界があることを知って勇気づけられる。

     

    人はその時点での理解度に応じた聖なるものを感得する。それ以上でもそれ以下でもなく、背伸びは出来ない。それを受けられる条件は心が素直で真っ直ぐな人間であること。


    補足
    聖なるものとは霊界からのインスピレーションを意味します。

    コメント

    No title

    大空様

    ご無沙汰しております。(ここは毎日読ませていただいています。)

    秋が一瞬にして去ってしまい厳しい寒さの日が多いですが、ご体調はいかがでしょうか。


    母は聖なるものを受けていました。
    条件を読んで、あぁ、そうだなと。
    心が素直で真っ直ぐな人間、まさしく母はそういう人でした。
    母の口癖は、「地位や名誉や財産や立派な暮らしをすることではなく、まっすぐな心と他者を思いやれる気持ちを持つ素直な人になること」でした。
    成績や学校、お金のあるなしで人を見ず、驕ることを嫌い、困った人に手を差し伸べ、我慢するのでなくただ素直にきれいに生きる。
    私にもそういう人になってほしいと願って育ててくれたんだなと今ごろようやくわかります。

    物事をいつも深く考えてしまう傾向のある私に母はいつも素直に、素直にと言っていました。言われるたびに若いころには 心が素直、、、って努力してなれるものじゃないと思っていました。素直な心を持ってるかどうかは生まれつき?じゃないかと。
    私は生まれつき素直じゃないのよと心の中で反発もしました。

    今も母の慈愛のまなざしを感じることがあります。
    見ていてくれているんだなと思える瞬間があることで母の思いに近づけるようにならねばと気持ちが新たになります。

    しかし、行くべき道にたどり着くのはいつになるやら・・・

    厳冬の折り、御身ご自愛なさってください。
    いつも本当にありがとうございます。

    No title

    ともちゃん

    今年の冬は久しぶりに寒い冬ですね。私は寒くて衣類を重ね着しています。

    真理の理解が進むほど思考が単純になり、余計な事を考えなくなると思います。
    その理由は神の法則が厳然として存在し、自分が高級霊界から保護されていることがわかるからだと思います。

    多くの人は余計な事を考えて毎日を過ごしていると思います。いわゆる取り越し苦労ですね。これは大変なエネルギーの無駄使いです。物事を出来るだけシンプルに考えられたらいいですね。それにはこの世の汚れから自由になることでしょう。これは私自身にも言い聞かしています。

    御母様は透徹した目で世の中や人生を見ておられたのでしょう。
    ともちゃんも寒さの折り、ご自愛ください。
    非公開コメント