06 | 2017/07 | 08
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 31 - - - - -
    最新記事

    カテゴリ

    プロフィール

    大空澄人

    Author:大空澄人
    これまで自分の探求してきたものを 「いのちの波動」 というページ上で表現してきましたがPCのトラブルによりこのページに引き継がれました。一時的にご迷惑をおかけしましたことをお詫び申し上げます。

    リンク

    最新コメント

    メール宛先

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    検索フォーム

    カウンター

    生老病死という言葉

    2012.10.01 18:05|インスピレーション
     

                  (悟りの猫)

    生老病死と言う言葉は人間が肉体に宿って地上で生活している間の営みを表した言葉で、人の一生を主に肉体の視点から観察したものであり、仏教では生老病死を苦しみとして捉えそこから目をそらす為の様々な方便が使われてきました。

    しかしその裏には霊としてのもっと大きな生命の営みがあります。霊は一時期を肉体に宿って地上生活を体験し、それが終われば本来の場所に帰っていきます。霊としての生命は永遠であり死というものはありません。その事実を理解する者が増えていけば生老病死と言う言葉も過去のものになっていくでしょう。

    コメント

    非公開コメント