FC2ブログ
    09 | 2018/10 | 11
    - 1 2 3 4 5 6
    7 8 9 10 11 12 13
    14 15 16 17 18 19 20
    21 22 23 24 25 26 27
    28 29 30 31 - - -
    最新記事

    カテゴリ

    プロフィール

    大空澄人

    Author:大空澄人
    これまで自分の探求してきたものを 「いのちの波動」 というページ上で表現してきましたがPCのトラブルによりこのページに引き継がれました。一時的にご迷惑をおかけしましたことをお詫び申し上げます。

    リンク

    最新コメント

    メール宛先

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    検索フォーム

    カウンター

    肉体の牢獄 

    2017.12.28 10:14|インスピレーション
    282.jpg  

    霊は肉体に宿っている間は思うように自己表現することが出来ない。肉体によって大きな制限を受けるからである。全てが肉体を通さなければいけないので本来のものが表現し難く、この世風に着色されて表現される。それほどに肉体の影響は大きく肉体の牢獄と表現される所以である。


    追記
    肉体の牢獄とは何のことか霊的真理に馴染みのない人には理解しがたいでしょう。我々はこの世(物質の世界)で朝起きてから夜寝るまで、殆どの活動を自分の肉体を維持するために費やしています。人間の本質である霊は、重要な判断や他人への何らかの奉仕の場面において無意識のうちに出現して来ます。しかし多くの人はそれが自分の霊の発現であるとは気づかないでしょう。

    この世では肉体が無ければ自分の意思表示や活動が出来ません。その肉体という機械を維持する為に人間は莫大なエネルギーを使います。人によっては全エネルギーが肉体に注がれていることでしょう。この霊と肉体が結合した人間の姿は宇宙生命の中ではある意味特殊なもので一時的なものと言えるかもしれません。

    「肉体の牢獄」と言う言葉はシルバーバーチを読んだことのない人には理解しがたいかもしれません。シルバーバーチは「死は牢獄からの解放である」とも述べています。その言葉を本当に理解できるようになった時、この地上界において死を悲しむ人は殆どいなくなるでしょう。

    コメント

    非公開コメント