04 | 2018/05 | 06
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31 - -
    最新記事

    カテゴリ

    プロフィール

    大空澄人

    Author:大空澄人
    これまで自分の探求してきたものを 「いのちの波動」 というページ上で表現してきましたがPCのトラブルによりこのページに引き継がれました。一時的にご迷惑をおかけしましたことをお詫び申し上げます。

    リンク

    最新コメント

    メール宛先

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    検索フォーム

    カウンター

    自殺

    2018.02.26 10:59|人間は永遠に生きる

    善光寺 仏 1 

    近頃特に若い人の自殺の記事を目にするようになりました。一言で言って自殺は勝手に自分の人生を切り上げてしまうことなので神の摂理に反する行為になります。生まれる前にはこの世での年限を決めてきているにもかかわらず契約違反ということになるのです。当然その償いをしなければなりません。摂理違反は自殺を含め、償いという形で責任を取らされます。但し自殺には様々な事情があり、地縛霊(地上をさ迷う不成仏霊)にそそのかされたり、他の誰かを助けるためにやむを得なかったような場合などは情状酌量があります。自殺者は一人で暗黒の境遇に長い間閉じ込められるという話を聞いたことがあると思いますが、自分の心がそういう状態を作っているのです。地上世界を離れると、原則的に自分の思念が作る世界になるのでそういう事が起きるのです。

    自殺者の典型的なパターンは死んだはずなのに、まだ生きている自分に気が付きます。そこで自殺に失敗したと勘違いして自殺願望を持つ者に近づいて憑依し、自殺に追い込むのです。もう死にたい等という思いを持ち続けるとそそのかされて実際にやってしまうのです。人の思念はこの世とあの世の境なしに自由に飛び交い、同じ思いを持つ者同士が引き合います。私たちの周囲には無数の思念が飛び交っているのですが人々は何も知りません。自殺願望は殆どが苦しみからの逃避であり、死ねば解放されると考え違いをしているのですが、自殺すれば一段の苦しみを味わうことになってしまうのです。人間は苦しい状況を我慢していれば、いつかは切り抜けることが出来ます。何故なら人は自分の背負い切れないような荷物を背負わされることはないからです。それが神の摂理なのです。それから残された者が後追い自殺することがありますがこれをやると両者は二度と会えなくなります。互いの境遇に閉じ込められてしまうからですがこれは絶対にやってはいけません。自殺者も償いの時期を終えれば霊的向上の道に復帰します。償いの期間はそのケースに応じたものであり、またあちらには更生施設もあるようで、そういう者の面倒を見てくれるのです。人間は落ちても決して這い上がれないことはなく、それが神の大愛なのです。






    追記
    自分の若い頃を考えてみると人生の何分の一しか見えていませんでした。大人になっても霊的真理に目覚めるまでは半分しか見えていませんでした。半分とは物的側面のことで残りの半分が霊的側面です。年齢に関係なく霊的真理に目覚めないうちは人生の半分しか見ていない事になると思います。そのまま人生を終えたとしたら後で後悔することになるでしょう。

    若い人は人生経験が浅く、何か問題に遭遇すると絶望感を抱きがちです。後で振り返れば大した問題ではなかったと気付くことになるのですが。人生経験豊かな大人は悩める若者を前にした時、適切なアドバイスをしてあげる必要があると思います。特に霊的真理の上から話が出来たらと思います。自殺をしたら後でどういうことになるのか知ったら決して自殺しようとは思わないはずです。

    私の友人のケースでは4年くらいたってから夢に現われるようになりました。それまでは音信不通でした。霊的視野が開けるまでにかかった期間ということになるのでしょう。その期間は一概にどれくらいと言えるものではなくケースバイケースではないかと思います。

    コメント

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます
    非公開コメント