FC2ブログ
    07 | 2018/08 | 09
    - - - 1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 31 -
    最新記事

    カテゴリ

    プロフィール

    大空澄人

    Author:大空澄人
    これまで自分の探求してきたものを 「いのちの波動」 というページ上で表現してきましたがPCのトラブルによりこのページに引き継がれました。一時的にご迷惑をおかけしましたことをお詫び申し上げます。

    リンク

    最新コメント

    メール宛先

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    検索フォーム

    カウンター

    死刑制度と地縛霊

    2018.03.02 09:22|人間は永遠に生きる

    横手山 樹氷 


    新聞の報道によるとオーム真理教による事件の当事者たちの死刑が確定したとのことです。あの事件から20年以上が経ちました。世間はオーム事件に限らず凶悪犯を死刑にすれば問題は解決すると考えていないでしょうか。霊的事実から見るとそれは犯人の居場所を移しただけなのです。死刑になる者の多くは一段の恨みを持って肉体を離れた後は地縛霊(死んだことがわからない霊、もしくは不成仏霊)となります。死刑は強制的に肉体を霊から切り離すだけであり、その人間の居場所を変えるだけなのです。彼らは幽界の最下層(この世と重なっている)にいて自分が死刑にされた恨みを晴らそうとこの世をうろつき、憑依しやすい人間を探します。似たような思考を持っている人間に接近していきます。波長の合う者同志は無意識のうちに引き合うようになり、これにも天地自然の法則が働くのです。磁力のようなものが働くと考えていいでしょう。世の中には自分の努力を棚に上げて世を恨んでいる、ひねくれ者がいます。彼らが格好のターゲットになるというわけです。憑依まで行かなくても次第にその思想がその人間に影響してきます。そしてやがては死刑にされた人物と同じような事件を起こす事になるのです。もしくは恨みが増幅した分、一層凶悪な事をやってしまうのです。その手の事件が新聞紙上を賑わしています。今回のこの事件の犯人の背後には以前のあの事件の時の?
    ….と感じさせられることがよくあります。

    凶悪犯は死刑にするのではなく、改心するまで辛抱強く説得することが必要です。死刑にすればまた新たな事件が起きるだけです。国も識者も霊的視点を持っていないのでこのままでは解決策が見いだせないでしょう。霊の世界の事に通じた人間がそういう場に呼ばれることはなく、世の人々はまだまだ目が塞がった状態です。

    去年末に東京のある神社で、かつては神職にあった人間が起こした殺人事件が世間を驚かせました。これも前述の地縛霊の影を感じずにはいられません。誰かを恨んでいたらその恨みが次第に募ってくるような場合、地縛霊の影響を受けているかもしれないので要注意です。それほど今は地縛霊が暗躍しています。国際情勢においても地縛霊の影響を受けている事を感じさせられる国の指導者達がいます。そこにまで地縛霊の影響が及んできているのです。これも物質の目で見ている限りわからないでしょう。但し、それぞれの国家においてはその国を守護する霊団が付いているので、そのうちにその影響力も現れてくることでしょう。国家のする事にも神の摂理が働きます。その国がこれまでに積み重ねたカルマというものもあり、様々な要素が絡み合って将来の結果を生む事になるのでしょう。




    追記
    目は心の窓という言葉がありますが、目はその人間の霊性を如実に表現しています。霊界に行くと自分の内容が丸見えになりますが、この世においてもそれ程ではないにせよ見えていることになります。この世ではオーラの色などよりもその人の目を見れば人間性がわかることになります。

    コメント

    No title

    大空さま

    ブログを拝見して、死刑の判決を受けるような非道な人がはたして改心をするだろうかとの思いもありました。ところがその数時間後に読んだニュースでその答え(改心するということ)が返ってきました。

    12年前に起きたトンネル内での通り魔殺人事件があったそうですが、別の通り魔事件で服役中の男性がその犯人であると自白をしたそうです。この人の犯行だとの見方が強かったそうですが、自白がなければ未解決で終わった事件だそうです。

    記者が何度も手紙のやり取りをして、2度拘置所に面会に行き話しを聞いたそうです。
    その時のやり取りが以下の記事になっていました。
    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

    「動機は簡単に言うと、仕事や家庭の人間関係でストレスがたまっていたから。車で信号待ちをしていたら、横断歩道を被害者が渡ったんです。むしゃくしゃしていたんで、包丁があるから脅かそうと思って追いかけて。なんで刺してしまったのか、そのときの気持ちが今でも理解できない」

    なぜ犯行を自供したのか。その問いに、被告は・・・
     「受刑中に死にかけるほどの病気(脳梗塞らしい)をして、命の大切さが分かったんです。人の命は誰にも侵害されないものなんです。それを犯してしまった自分は、相当おかしなことをやったんだなと。被害者や遺族のことを考えるともどかしさの日々です。覚えているかぎりで取り調べを受けて、真実を全て話すことしか僕にはできません」
    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

    この人も元々粗野な人だったのかもしれませんが、憑依霊の影響を受けたのかもしれません。
    この人の改心がどれほどのものかわかりませんが、この思いを抱き続けてもらいたいと思います。
    悪意を持つのは一瞬のことですから本当に怖いです。

    そういえば昔、吉展ちゃん誘拐殺人事件というのがありましたが、この犯人も自分を逮捕した刑事に何度も手紙を書き、「ま人間(まともな人間)になって死んでいきます」と、改心後に死刑になっています。

    また数年前、アメリカのテレビで両親を殺害した少年がインタビューを受けていて、「あの夜の自分は自分ではなかった」と述べていました。少年の強い憎悪や殺意に憑依霊が関わった事件だなと思いました。

    平常心でいることは大変難しいことですが、大切なことですね。

    この世は単純ではありませんね。

    No title

    ラピス さん

    この世の人には物質世界で起きていることしか見えず、裏の霊的背景が見えないので不可解に思えるのですね。その種の事件の背景には必ず地縛霊のそそのかしがあると思います。例えば交差点は事故の多い所なので事故死した人が地縛霊となってその近辺に居続けている可能性があると思います。そういう場所を霊媒体質の人間が通りかかるとなんらかの影響を受けるでしょう。悪感情に駆られていたりしたら要注意です。

    犯人も冷静に戻れば自分のしたことを反省するのが普通でしょう。あの時はどうかしていたという風に。どんな人間にも良心の声というモニターが植え付けられていますから。改心する者もいれば中には頑固に改心を阻む者もいるようです。1000年もの間、改心を拒み続けた剛の者もいたとか、どこかの霊訓に書いてありました。

    この世は危険に満ちていますが私たちはあえてそういう所に修業に来ているのですね。守護霊は危険なところに行かないように気を配ってくれていると思います。そういうサインに気づける人ばかりだといいのですが。
    非公開コメント