FC2ブログ
    07 | 2018/08 | 09
    - - - 1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 31 -
    最新記事

    カテゴリ

    プロフィール

    大空澄人

    Author:大空澄人
    これまで自分の探求してきたものを 「いのちの波動」 というページ上で表現してきましたがPCのトラブルによりこのページに引き継がれました。一時的にご迷惑をおかけしましたことをお詫び申し上げます。

    リンク

    最新コメント

    メール宛先

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    検索フォーム

    カウンター

    棲み分けと霊的成長

    2018.07.20 06:53|インスピレーション
    ピンク花

    この世にいる時も人間は各々の意識のレベルに応じた世界に住んでいる。磁力と斥力が働くので合う者とは引き合い、合わない者とは離れていく。但しこの世にいる間はあらゆるものが目に触れたり耳に入って来たりする。見たくないものや聞きたくないものも入って来るが、それらは時間の経過と共に自分の意識の中で淘汰されていく。




    追記
    この世においても意識のレベルでは住み分けが行われているが肉体によって地上世界に縛り付けられているために自分にとって好ましくないものも見なければならないという事になる。それも肉体の束縛ということになるだろう。霊的に成長するに従い磁力と斥力は強化されて霊界の守護をより身近に感じるようになるはずである。

    コメント

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

    Re: 磁力と斥力

    > 大空様 いつもありがとうございます。
    >
    >  今年は格別の暑さです。連日、大型スーパーの休憩コーナーへ避暑に通う連日です。大勢の老若男女で喧噪そのものの雰囲気ですが、ブログでお示しの通り、未熟な人も
    > 無知な人も混然一体となって過ごしています。
    >
    >  おっしゃる通り磁力と斥力が働いて、この上もない生きた教材が展開されています。
    > 「磁力と斥力」。私なりの解釈では物理的な磁力と斥力ではなく、比ゆ的な表現と解釈します。いうなれば「親和の法則」なのですよね。
    >
    >  おかげさまで私は大空様を縁にシルバー・バーチを知ることができました。私の街の人口は150万人ですが、幸運にもシルバー・バーチを知り得た人が万分の一の150人いるだろうか、と思うとき、なんと幸運だろう、と自然に感謝の気持ちが湧いてまいります。
    >
    >  できるだけ、「この世だけ」と信じ切っている人に死後存続を伝えたい――と思っていた矢先、20年間お年寄りの介護を続け、市から表彰を受けた老女と知り合いました。
    >
    >  これが「親和の法則」なのでしょうか。なんとその老女については数十年前に記事にしたか、読んで記憶に残っていた人でした。
    >
    >  さまざまな話題から、死後存続について、ほんのポッと灯をともした程度ですが、死んでからの人生があること。この地上での生活がもっとも大切であること、卒業して次の世に備える重大な意義ある世界であることなど、暑さの中ならではの一日を過ごせたことでした。
    >
    >  ありがとうございます。

    kuny さん
    おっしゃる通り親和力のことです。
    人間はものを言わなくても自分の霊的エネルギーを放射していますから自然に波長の合う者同士が接近し、合わない者は離れていきます。この点意識していない人が多いと思いますが実際は言葉を交わすより先に親和の法則が働いているのです。

    昨夜も娘と以下のような話をしたところです。
    肉体をその人の本体と思っている人が殆どであること。
    その為、縁ある人が死ぬと異常に悲しむ。
    でもそれはわかる時が来るまでわからない。
    親戚縁者においても霊的真理が本当にわかる人は皆無である。

    それから葬儀に行くことは空しさを覚える。何故なら真実を知らずに見当違いのことばかりしているから。
    他界した人からのメッセージを伝えてもキョトンとしている人ばかり....。(後であの人頭がおかしくなったんじゃないと言われているだろう)
    当人は重苦しいこの世のことから解放されて嬉々としているのに。
    これほど霊的真理に無知な人達がどっと霊界に押し寄せて来るのだからあちらは対応に困っているんだろうね。


    等々、我が家では日常的にこういう話をしています。
    恵まれていると思っています。


    No title

    大空 様

    ご無沙汰しております。

    この度の西日本の記録的な大雨による甚大な被害が出ておりますが、大空様のお住まいの地域は大丈夫でしたでしょうか。
    被災地の一日も早い復旧と復興を心よりお祈り申し上げます。

    本日はご報告をさせて頂きたいと思いメールいたします。

    前回のコメント欄で、母の介護について愚痴めいたことを書き、それに対して大空様の返信の中に「報われます」という言葉がとても励みになりました。

    その後の母親との間柄は笑いあり、喧嘩あり、涙あり、食欲もありという関係性で楽しい時間が過ごすことができました。
    先月末に92歳の人生を全うした母に今は感謝でいっぱいです。

    「報われる」というのは物質的なことではなく、心が満たされるというか色々な思い出が良いエネルギーに塗り替えられ「感謝」の気持ちで一杯になるんだと実感しています。

    大空様のお話やシルバーバーチの霊訓などで学んだ知識を、母親には時折伝えていたので、少しはスムーズに霊界への手続きが行われていることを望んでいます(笑)

    本当にありがとうございました。

    <追伸>
    現実的(今生的)には、これから相続という問題が出てきますが・・・母の思いに寄り添いながら、魂がマイナスのエネルギーに支配されないように対応できたらいいな!と思う今日この頃です!



    No title

    ふくのあん さん

    御母様は人生を全うされたのでしょう。
    息子さんにしてもらったことなどこの世でのすべての事を携えて逝かれたことでしょう。今はあちらで安住の境地ではないでしょうか。

    物質は何も残ることはなく最終的には人のしたことは全部霊の貯蔵庫に記録されます。
    親子ともども良い思い出が出来たということでしょう。

    相続は最後の物質的処理ですね。淡々と対応されたら良いのではないでしょうか。

    No title

    大空 様

    おはようございます。

    母が「安住の境地」であることが今はホットしています。

    物質的処理はご助言通り「淡々」と対応していきたいと思います。

    ありがとうございます。

    今日もまた暑い日になっています。
    東京の気温が37度まであがるそうです。

    酷暑の折から、くれぐれもご自愛のほどお祈り申し上げます。
    非公開コメント