FC2ブログ
    07 | 2018/08 | 09
    - - - 1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 31 -
    最新記事

    カテゴリ

    プロフィール

    大空澄人

    Author:大空澄人
    これまで自分の探求してきたものを 「いのちの波動」 というページ上で表現してきましたがPCのトラブルによりこのページに引き継がれました。一時的にご迷惑をおかけしましたことをお詫び申し上げます。

    リンク

    最新コメント

    メール宛先

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    検索フォーム

    カウンター

    霊的真理は最大の財産

    2018.07.27 10:02|インスピレーション
    飯神山夕焼け


    霊的真理に通じることは何よりも大きな財産となる。それを知ることなくこの世を去った者の何十倍、何百倍もの速さで霊界で進歩していくことになる。無知な者が地上時間で何百年もかかるところを一瞬にして駆け抜けることになるからである。地上に居ながらにして魂の浄化が進む事と地上界、霊界を通してのナビゲーションシステムを備えているからである。



    コメント

    ある決断

     大空様 いつも更新をありがとうございます。

     私事になりますが、この度、過去4年以上継続してきました「加齢黄斑変性」による眼内注射をやめる決断をしてこのほど大学病院に通告いたしました。

     「とにかく先生と相談なさっては…」との医療スタッフのアドバイスで担当の医師と相談いたしました。「途中で眼内注射をやめると、いずれ爆発的に失明いたします。高血圧の人が生涯、降圧剤をやめられない、のと同じです」。

     幾分、医師との対話は高圧的な説明でもありました。

     内心「青いなぁ~」と内なる声がしました。

     いずれにせよ、ノーベル医学賞の山中先生が心血を注いで研究中の難病です。

     しかし、私は刹那的な地上生活よりも永遠の時空でのことを慮って決断に至ったのです。ひょっとしたらこれが私に科せられたカルマかも? とも思います。たとえそれがカルマであろうと、失明に至ろうとも、これが私の「学び」と自覚いたしました次第です。

    No title

    kuny さん

    一生その療法を止められないのは束縛ですね。
    医療現場の人間は人間を肉体として見ていますから当然そういう反応が返ってくると思います。今は霊的な側面も見ることが出来る医者は極めて少ないでしょう。

    内なる声に従って決断されたとのこと、これからは新たな景色も見えてくることでしょう。医療との付き合いを絶ったなら後は自助努力ですね。kuny さんに合ったものがあるでしょう。今後のご精進を祈ります。

    非公開コメント