FC2ブログ
    09 | 2018/10 | 11
    - 1 2 3 4 5 6
    7 8 9 10 11 12 13
    14 15 16 17 18 19 20
    21 22 23 24 25 26 27
    28 29 30 31 - - -
    最新記事

    カテゴリ

    プロフィール

    大空澄人

    Author:大空澄人
    これまで自分の探求してきたものを 「いのちの波動」 というページ上で表現してきましたがPCのトラブルによりこのページに引き継がれました。一時的にご迷惑をおかけしましたことをお詫び申し上げます。

    リンク

    最新コメント

    メール宛先

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    検索フォーム

    カウンター

    心で触れ合う

    2018.08.15 18:01|真理を求めて
    朝焼け

    今年の2月初旬、朝の瞑想の時にYさんが現れた。そして「霊界ではお互いの目を見つめ合うと考えていることがわかるので言葉を交わす必要がないのです」と言う。このメッセージはもちろん地上の言葉ではなくインスピレーションとして受け取ったものである。

     

    この事は地上の言葉では表現することが出来ない。事実Yさんがすぐ傍に来ていることを感じてとても暖かいものを感じたが、これまた地上の生活においては無いものである。

    Yさんだけでなく霊界の人々は言葉ではなく心で触れ合いをしている。Yさんの場合は父や母、叔父達とはまた違うものを持っている。それぞれの個性が表現されていて霊界ではすぐに誰というのがわかるのだろう。肉体や物質の壁がない環境においては自然とそうなるという事だろう。あちらは感性の世界ということになるがそれをこの世の言葉で表現するのは難しい。

     

    とにかく人は殆どそういう世界に行くのだからそういう事を知っておく必要がある。この世とは全く別の世界なのだから。中には幽界の下の方でウロウロする者も多いが、そうならない為にはこの世にいる内から霊的事実を知っておかねばならない。

    実際には霊的事実を何も知らずに他界するケースのほうが圧倒的に多いのではないだろうか。そういう人たちはまず幽界の下の方で引っかかってしまうだろう。何とか生きているうちに知っておいて欲しいとこちらが願ってみても彼らは肉体としての自分と五感で感じるものしか理解出来ない。死後の世界の事等を大真面目に話すとこちらが変人扱いされてしまうのだからどうしようもない。将来困ったとしてもそれは自己責任なのだから仕方ないのだが。

     

    でも霊界ではそういう無知な新参者を教育して導かねばならないから大変だと思う。霊界の方でもあまりにも無知な新参者が殺到するので困っているのではないだろうか。シルバーバーチを始めとする霊界からの啓示においてはその霊的教育が一つの柱なのだろう。何しろ地球はビリから2番目に霊的進化の遅れた惑星のようだから。

     

    ともあれ相手が横に来ただけで心が満たされるということは地上生活ではあり得ないことであり、地上の人間関係は本当は浅いものであろう。肉体が邪魔をして真の心の触れ合いは出来ないのである。地上の人間は本当の心の交流をしていない。皆、孤独なのである。



    コメント

    No title

    大空さま

    いつもありがとうございます。

    霊界での無知な新参者といえば、数年前に亡くなった兄もそうだったのではないかと思います。頑固でしたがユーモアがあり善人で、生涯にわたり「飲む打つ買う」のない人でした。日本酒が好きでしたが家飲みで、家族も仲良しでした。

    ところが霊界はかたくなに信じず「絶対にない!」と頑固に言い切っており、嫌な感じがするくらいでした。そういう人が突然にあの世に旅立ち、どうやら絶対に信じない霊界はすぐには見えなかったようです。

    兄の奥さんは霊感が少しある人ですが、兄の死後はせかされるような気持ちで毎日お経を読むようになり、お経をあげないと亡くなった兄にすがりつかれるような感覚があって読まざるをえない気持ちになって大変だったそうです。
    その感覚も1年が過ぎた頃にすっと軽くなり、仏壇のある部屋の空気も軽くなったと言っていました。
    兄が霊界に行けたのだろうと話し合いました。

    善人でも頑固に信じないというのはこういうことになるのかと思ったものです。
    せめて「あの世はあるかも。。。」ぐらいの気持ちは必要だと思った次第です。

    No title

    ラピス さん

    ある程度の霊的触覚が無いといきなり幽界に進んでも何も認識出来ないかもしれません。頑なに死後の世界を否定して来た人は指導霊が迎えに来ても気が付かないかもしれないし、気づいたとしても言う事を聞かないかもしれません。

    そこで地上の家族に頼ることになります。重いものを感じる(鈍い人は感じない)のは他界者の迷っている思念のエネルギーであり、残された家族は藁をも掴むような気持ちでそこにあるものを使う(例えば読経をする)ことになるのだと思います。

    知の牢獄という言葉がありますが持論で築き上げた世界に閉じこもり、千年以上に渡って霊界の存在を拒否し続けている霊がいるようです。実際の霊界より自分の理屈のほうが優先するということで幻の世界にいることに気づかないのでしょう。

    頑なになるということは生来のものに加えて人生のどこかでそうなる原因があったのかもしれませんね。現在は解放されておられるようで現在の地上世界の環境から鑑みて1年くらいで覚醒が来るのはまだ早い方かもしれません。

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます
    非公開コメント