FC2ブログ
    11 | 2018/12 | 01
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 31 - - - - -
    最新記事

    カテゴリ

    プロフィール

    大空澄人

    Author:大空澄人
    これまで自分の探求してきたものを 「いのちの波動」 というページ上で表現してきましたがPCのトラブルによりこのページに引き継がれました。一時的にご迷惑をおかけしましたことをお詫び申し上げます。

    リンク

    最新コメント

    メール宛先

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    検索フォーム

    カウンター

    顕在意識と潜在意識 

    2018.10.06 09:31|インスピレーション
    神戸の夜景


    この世の生活においては自分の心を同じ状態に保つのが大変難しい。絶えず様々な刺激が外から入って来るので揺さぶられるからである。それらの大半は大した問題ではないのだが、その時はそれらがさも重大な問題のように感じてしまうものである。

     

    人間は先ず顕在意識で地上の出来事を確認するが顕在意識の容量が小さいためにその時はその出来事に占領されてしまうのである。しばらく時間を置けばそれらが潜在意識の領域に移動する。するとその問題の本質がわかり、実は大したことではなかったと納得するのである。

     

    人の顕在意識は物事の物的側面しか理解する事が出来ない。少し間を置けば潜在意識(霊的意識)が働いて問題を処理することが出来る。何でも慌てて処理すると失敗する。少し間を置けば間違えないのはそういうメカニズムが働いているからである。潜在意識の発動を待つことが大切である。





    追記

    潜在意識を活性化するには瞑想をして顕在意識(自分の我)の働きを鎮める必要があるでしょう。すると普段の自分が小さな事に捉われていることがわかると思います。

    元々こういうことは次元の違う問題なので言葉で表現するには無理があります。科学的に証明することも出来ません。宗教的境地のことはこの世の言葉では説明できないのです。弘法大師空海もそういう意味の言葉を残していたと記憶しています。

    コメント

    非公開コメント