FC2ブログ
    10 | 2018/11 | 12
    - - - - 1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 -
    最新記事

    カテゴリ

    プロフィール

    大空澄人

    Author:大空澄人
    これまで自分の探求してきたものを 「いのちの波動」 というページ上で表現してきましたがPCのトラブルによりこのページに引き継がれました。一時的にご迷惑をおかけしましたことをお詫び申し上げます。

    リンク

    最新コメント

    メール宛先

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    検索フォーム

    カウンター

    自分を生かす道 Ⅱ

    2018.10.29 09:50|インスピレーション
    小豆島富士 

    先の事は一切案ずる必要はない。世の暗いニュースを見聞きして自分が背負い込む必要はない。最終的に全ては神によって裁かれる。故に自分の出来る範囲の事に精進しておれば良い。それが自分を生かす道。



    コメント

    No title

    大空さま

    世界的にそうですが、暗いニュースについ心も曇りがちになります。それを背負い込む必要がないと思えれば少しは気持ちが軽くなります。
    自分の出来る範囲のことに精進するのが自分を生かす道と伺えばますます軽くなります。

    日々の生活でも家族のことを案じたりして、気持ちが晴れないこともあります。
    特に子供のことなどを心配し始めると迷路に入り込んだようになってしまいます。

    そんな時には、臨死体験をしたある女性があちらの世界で、彼女の子供たちにこれから起きることを見せられて、内容は思い出せないけれども、それらはすべて子供たちの成長にとって必要なことであった。だから子供たちのことは心配しないと書いてあったことを思い出して心を静めます。

    本当に先のことは案ずる必要はないのですね。
    いつもそうできるように心を強く持ちたいですね。

    No title

    ラピス さん

    先の事を案ずるとは結局取り越し苦労のことですね。
    取り越し苦労ほど馬鹿らしいことはありません。
    将来起こりもしないことを勝手に起こるのではないかと想像して悩んでいるのですから。

    人生楽天的に生きるに限ります。でもそれには根拠が必要です。
    神の摂理が一人ひとりの人生も支配しているのでそれに沿うように生きれば良いということになります。

    「すべては神によって良きに計らわれる」

    この言葉の意味を真に理解できた時、取り越し苦労は消えるでしょう。

    これが簡単な事ではないことは私自身思い知らされています。
    お互いにそれを目標にして人生を生き抜きましょう。

    非公開コメント