FC2ブログ
    10 | 2019/11 | 12
    - - - - - 1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    最新記事

    カテゴリ

    プロフィール

    大空澄人

    Author:大空澄人
    これまで自分の探求してきたものを 「いのちの波動」 というページ上で表現してきましたがPCのトラブルによりこのページに引き継がれました。一時的にご迷惑をおかけしましたことをお詫び申し上げます。

    リンク

    最新コメント

    メール宛先

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    検索フォーム

    カウンター

    目を閉じれば

    2019.03.27 09:43|真理を求めて

    蜜柑 


    目を閉じればそこはこの世の喧騒とは無縁の霊的世界が広がり、その心地良さは言葉で表現しようがない。それを人間の五感で表現するのはそもそも無理なのである。だから霊的世界をこの世の言葉で表現するのは難しくその何分の一くらいしか表現出来ない。

     

    五感はこの世だけに通じるものであり、一旦この世を離れると力を失う。霊的世界を垣間見てこの地上世界に戻ると途端に不安、動乱の様が伝わって来る。このギャップは大きい。この世は物質の波動によって満たされ、常にざわついていて本当に心休まる場所はない。



    追記
    私自身の日頃の思いを言葉にしてみました。目を閉じればとは瞑想状態の事であり、その時は自分の意識がこの世の喧騒を離れています。私にとっては守護霊や親族の霊との交流の素敵な時間です。瞑想を終えて再び日常の意識に戻ると途端に時間が追いかけてくると共に世の中の喧騒に取り巻かれます。明らかに霊界と地上界の波長の違いを実感しますが、やれやれまたかとつい思ってしまうのです。

    コメント

    非公開コメント