FC2ブログ
    10 | 2019/11 | 12
    - - - - - 1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    最新記事

    カテゴリ

    プロフィール

    大空澄人

    Author:大空澄人
    これまで自分の探求してきたものを 「いのちの波動」 というページ上で表現してきましたがPCのトラブルによりこのページに引き継がれました。一時的にご迷惑をおかけしましたことをお詫び申し上げます。

    リンク

    最新コメント

    メール宛先

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    検索フォーム

    カウンター

    肉体の殻

    2019.05.06 15:20|インスピレーション
    竹の家 3

    この世の人間は自分のしていることがわからない。それは何故か?自分の意識が肉体と言う限局されたものに閉じ込められているから。肉体の殻は強固なものであり、意識がそれを突き破って出てこない限りその状態(自分のしていることがわからないという状態)が続く。重い病気に罹る等して肉体のエネルギーが低下した時にようやく本来の意識が目覚めて活動を開始することになる。

     



    追記
    自分のしている事がわからないとは自分を客観的に眺める事が出来ないという意味です。

    コメント

    No title

    昔、夢で見ました。
    兄がすぐそこ見えているのに、二人の間には分厚い潜水艦の窓ガラスのようなものがあり、それをぶち破らないと会うことできない。これは到底無理だなと。
    それはきっと肉体に付随するものなのでしょうね。
    本当に肉体の殻は強固ですね。だからこそこの世で勉強になるのでしょうけど、時々「まったく」と思ってしまいます。

    いつも素晴らしい写真をありがとうございます。
    とても不思議な写真ですね。何度でも見てしまいます。

    No title

    hana さん

    それは意味深な夢ですね。結局波長の違いによってコミュニケーションが取れないということでしょうか。地上人の我々は五感によって物的なものに波長を合わせているのでそれ以外のものは認識できないということですね。ちょっと心の波長を調整すればいいのですがそれは容易な事ではありません。肉体から派生するエネルギーは強力ですからそれに圧倒されてしまいます。今の人は肉体のしもべのようになってしまっていると思います。

    写真は瀬戸内芸術祭のものですが海辺にある竹で作った家です。今、島は芸術祭で賑わっています。

    「魂を生命の実相に目覚めさせる」

    大空さんいつもお世話になっております。

    数日からシルバーバーチの霊訓(六)二章に釘付けになり何度も読み返しております。

    特に13ページに書いてある「魂を生命の実相に目覚めさせる」ことを日々忘れずに精進したいと痛感しました。

    No title

    エイホーライ さん

    霊的知識の普及も霊的治療も最終目標は魂を生命の実相に目覚めさせることですね。

    霊的治療は霊的エネルギーを直接注入するわけですから感性のある人には霊や霊界の存在を実感しやすいと思います。

    シルバーバーチの言葉は厳しさの中にも温かみがあり何度も読み返したくなりますね。
    お互いに精進を重ねましょう。

    No title

    芸術祭も行われるのですね。いよいよ、いつか小豆島に訪れてみたくなりました。

    ブログ読者の方が現在の学びを書いて下さると、もう一度その箇所を読み返すきっかけとなり新たな気づきをいただけます。ありがとうございます。
    私も牛歩ですが精進を重ねてゆきたいと思います。
    非公開コメント