10 | 2017/11 | 12
    - - - 1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 - -
    最新記事

    カテゴリ

    プロフィール

    大空澄人

    Author:大空澄人
    これまで自分の探求してきたものを 「いのちの波動」 というページ上で表現してきましたがPCのトラブルによりこのページに引き継がれました。一時的にご迷惑をおかけしましたことをお詫び申し上げます。

    リンク

    最新コメント

    メール宛先

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    検索フォーム

    カウンター

    晩秋に思う

    2012.11.26 17:20|随筆集
     

    家の近くの防火用水の中で育っていた蓮も晩秋とともにこのように枯れてきた。
    自然は秋から冬にかけて急速にそのエネルギーを落としていくので人間も
    影響を受ける。訳もなく物寂しい気持ちになったりしがちだ。

    今の季節は年中で一番亡くなる人が多いようだ。ここ小豆島でも毎日のように
    葬儀がある。


    P1020833_convert_20121126091738.jpg 

    この蓮も9月にはまだこんなに生き生きとしていて壁の上まで届く勢いがあった。
    蓮はよく”泥沼に咲いても清らかである”と観音様とともに表現される。

    穢れたこの世にあっても心はその影響を受けることなく観音様のように清らかであるべき。
    それには強さも必要だ。


    P1030116.jpg 

    海岸の景色もこのように移り変わってきた。山の上の雲が暗くて重そう。
    最近になって私は二人の友人が時々夢に現れるようになってきた。
    一人は3年半ほど前に他界した大学時代の友人、もう一人は1年半ほど
    前に自分でこの世の人生を終わらせた地元の友人である。

    今までに夢に現われなかったのは多分出てこられない理由があったのだろう。
    私が夢で船や電車などに乗っていると知らぬ間に彼らが隣に座っているのである。
    しかも全く不自然さがない。こちらもその時は夢であるとは気がつかない。
    恐らく彼らは自分が元気でいることを知らせたくて現われたのだろうと思う。
    実際私は毎晩のように夢を見てしかもそれを覚えている。

    夢を見ない日は少なく誰かが夢に出演してくるので、寝る前は今晩はどんな夢を見るだろう
    と楽しみである。今は行動が前のように自由自在ではないので一層夢を見るのが楽しみなのである。
    夢の中では全くそれは関係がない。多分病気そのほかで肉体的に不自由な人が霊界に行くと自由になれる
    のと同じ原理が働いているのだろうと思う。


    P1030113.jpg 

    エンジェルロードの様子もこのようになってきた。水が冷たそう。数日前に高倉健主演の「鉄道員」
    という映画のDVDを見た。12年前に一度見たが今回見てみたら彼が演じている”音松”?という人物
    が死ぬ何日か前から、幼くして亡くなった彼の娘が幼少時と12歳頃、18歳頃と姿を変えて計3回現われる。

    それは結局お迎えを表現したものだろう。3回目に娘がセーラー服を着て現われた後で彼は雪の積もった駅のホームで倒れて死ぬというフィナーレになっていた。12年前に比べてその時分からなかったものが理解できた。霊的な世界を上手に表現した映画のようだ。私などは夢やそのほか、常に父やその他のあちらの世界の人を身近に感じているが、常時お迎えが来ているということになるのだろうか?









    コメント

    夢の中の父

    こんにちわ。夢のことですが、昨年亡くなった父は夢の中で船や車の中で、なぜか、私の隣にいます。ごく自然にーー。いつだったか、「ずっとそばにいるぞ」と父が私に語りかけてくる夢もみました。昨日は、車のラジオが勝手に鳴り出しました。なにか、私に伝えたいことがあるのでしょうか。

    ご病気なのですね。どうか、お大事にーー

    Re: 夢の中の父

    Y.K 様
    お心づかいありがとうございます。私は病気とはいっても生死にかかわるものではないので長年の仕事の後に与えられた休養期間のような気持ちで毎日を過ごしています。生活に多少の制限はありますがあまりストレスも感じることなく日々自分に出来ることをしています。

    夢の話ですが乗り物に乗っていると他界した人が自然に横に座っているというのは私の夢のパターンによく似ているようですね。お父様がそのように語りかけてくるのは文字通り「いつも見守っているよ」ということなのでしょうから心強い事だと思います。車のラジオが勝手に鳴り出したのはお父様のサインなのかどうかわかりませんが今後の様子を見ていればその意味が分かってくるかもしれません。もしお父様がどうしても伝えたいことがあるなら今後何らかの方法で伝えようとされるでしょう。

    あちらから地上の人間に通信を送ることは簡単なことではないようで、あちらの世界に行った人たちは結構苦労しているようです。夢の場合はこちらが幽体離脱してあちらへ行って直接コミュニケーションしているわけですから一番確かですが残念ながらほとんどの人は目が覚めた時に内容を忘れてしまっています。

    夢で出会った人の言葉を覚えているということはその人の霊的感性が豊かだからでしょう。またYKさんがそういう言葉を賜るという事はお父様から愛されている事の証明だと思います。心温まる話ではないでしょうか。

    お返事ありがとうございました。
    ご病気は生死にかかわるようなものではないと伺い、ほっといたしました。

    非公開コメント