FC2ブログ
    10 | 2019/11 | 12
    - - - - - 1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    最新記事

    カテゴリ

    プロフィール

    大空澄人

    Author:大空澄人
    これまで自分の探求してきたものを 「いのちの波動」 というページ上で表現してきましたがPCのトラブルによりこのページに引き継がれました。一時的にご迷惑をおかけしましたことをお詫び申し上げます。

    リンク

    最新コメント

    メール宛先

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    検索フォーム

    カウンター

    未熟な魂が集まる場所

    2019.06.27 09:37|インスピレーション
    大部海岸

    人は肉体と言う船に乗ってこの世を旅している。そこで目にするものはその殆どが混乱や争いであり一時として平穏な事がない。そこには人類の未熟な姿が凝縮されている。


    未熟な魂たちの集まる場所が地上世界なのであり、あなたもその一人なのである。何時の日か混乱が収まってきた時、人類は成長したと言えるであろう。


    追記
    何から何まで真っ暗闇よ、 筋の通らぬ事ばかり、右を向いても左を見ても馬鹿と阿呆の絡み合い。どこに男の夢がある。

    これは1970年にリリースされた鶴田浩二さんの「傷だらけの人生」の歌詞の一部で任侠の世界を歌ったものですが約50年経った今、世の中を見渡してみればこの歌と同じような光景が繰り広げられています。一部に光明も見られますが全体として見れば真っ暗闇の世界になっているように思えます。正に我々は肉体という船に乗ってこの混乱の世を旅しているということが出来るでしょう。

    しかしそれは一時期の事であり、何時までも地上で生活するわけではありません。私達はこの地上世界で学んだ事を携えて故郷である霊界へ帰って行くのです。そこは自分の魂の故郷であり霊の親族達と再会の喜びを分かち合う事になるでしょう。

    コメント

    非公開コメント