04 | 2017/05 | 06
    - 1 2 3 4 5 6
    7 8 9 10 11 12 13
    14 15 16 17 18 19 20
    21 22 23 24 25 26 27
    28 29 30 31 - - -
    最新記事

    カテゴリ

    プロフィール

    大空澄人

    Author:大空澄人
    これまで自分の探求してきたものを 「いのちの波動」 というページ上で表現してきましたがPCのトラブルによりこのページに引き継がれました。一時的にご迷惑をおかけしましたことをお詫び申し上げます。

    リンク

    最新コメント

    メール宛先

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    検索フォーム

    カウンター

    南国土佐

    2012.11.29 17:25|日々の暮らしの中で
     

    10月も残り少なくなった頃、長女の運転で高知まで日帰り旅行をした。
    高速を運転中に眩暈が起きたら危険なので私はハンドルに一切触れなかった。

    ここは高知市から西へ数十キロの横浪半島である。四国遍路をしていた当時
    オートバイで2度この半島に沿う道を走ったことがある。横浪黒潮ラインと呼ばれる
    ワインディング路で眺めもよくバイク好きには絶好のところである。



    P1020930_convert_20121027165946.jpg 

    よさこい鳴子踊りの歌詞と鯨と海の看板が立っていた。
    よっちょれよ、よっちょれよ、よっちょれ、よっちょれの文句で始まるよさこい鳴子踊りの歌だ。
    よっちょれとは、高知の方言でどいてろ、という意味である。

    歌は”よっちょれ”の後に、高知の城下へ来てみいや じんばもばんばもよう踊る よう踊る 鳴子両手によう踊る よう踊る。
    と続いていく。

    高知の城下へいらっしゃい。おじいさんもおばあさんもよく踊る。という意味だ。
    徳島の阿波踊りに比べると全国的な知名度は及ばないが、エネルギッシュな祭りである。
    今年のよさこい祭りは残念ながら大雨に見舞われたらしい。




    P1020920+-+繧ウ繝斐・_convert_20121128155452   

    横浪半島を西に走り須崎市に出ると「かわうその里」という道の駅がある。




    P1020915_convert_20121027170751.jpg 

    そこでは目の前でわらに火をつけて焼いた鰹のタタキが食べられる。
    安くて美味しい。高知の鰹のタタキはいける!
    本当はタタキを肴にビールでも飲みたところだが。



    P1020943_convert_20121128161704.jpg 

    横浪半島の先端部に青龍寺という四国88か所の札所があり、その近くに「国民宿舎土佐」
    がある。バイクで遍路したときに泊まった宿である。今回寄ってみたら地中海風の別館が建てられて
    いた。向こうは太平洋の海原、この宿にはこの大海原を眺めて入れる露天風呂があり、海に沈む
    夕日を眺めながら入る露天風呂は良かった。

    歩き遍路に人気がある宿で前に行ったときは露天風呂で歩き遍路同志、話がはずんでいた。
    こちらはバイクなので会話の輪には入りずらかった。


    P1020935_convert_20121128160719.jpg 

    駐車場の隅に行くと猪が悠然と寝ていたので驚いた。

    ぐっすり寝ていて近づいても起きようとしない。


    P1020937_convert_20121128160844.jpg 

    話を聞くと宿の支配人が猪が子供のころに水害で親と離れて流されてきたのを助けて育てたらしい。
    1年後の今は体重が60kgほどあり時々山に散歩に連れて行くのだそうだ。

    山で離しておいてもちゃんと帰ってくるらしい。
    その人が猪を撫でている様子を見ると大層可愛がっているようで猪も彼になついている。
    猪もこうして見ると可愛いものだ。

    土佐の国はやはり南国。四国山脈を南に抜けると太陽の光が違う。
    西南端の足摺岬まで足を延ばせば亜熱帯植物が見られる。
    私は足摺にある金剛福寺に2度行ったがここが四国88か所の中では
    一番好きなところだ。広大な太平洋と亜熱帯植物の林、自然環境が何と言っても
    素晴らしい。また遍路では高知が一番良かった。札所の間隔が適度に距離があり
    バイクで回るとツーリングをしているような感じになれる。

    旧ページの「遍路の話」で四国遍路体験記を載せていますので興味がありましたらご覧ください。

    マウス右クリックで「新しいタブで開く」という操作をして頂いたほうがいいかもしれません。

    http://ww81.tiki.ne.jp/~okwhiro/CI15.htm


    P1020948_convert_20121027170226.jpg 

    夕方高松港まで帰ると港に飛鳥が停泊していた。日本郵船の長距離クルージング用の
    豪華客船である。こうして見ると巨大だ。こういう客船の旅では衣装が何着も必要だろう。
    フォーマルなディナーには正装で臨まなければならない。

    私は夏はTシャツ短パン、冬はフリースのジャケットに楽な防寒ズボンという出で立ちが好きなので
    堅苦しいのは苦手だ。大体ネクタイも肩がこるので好きではない。職業柄ネクタイをする必要がなかったので
    スーツなども殆ど持っていない。

    もしこういう船でクルージングに行くなら気楽に行ける南の島がいい。






    コメント

    非公開コメント