FC2ブログ
    10 | 2019/11 | 12
    - - - - - 1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    最新記事

    カテゴリ

    プロフィール

    大空澄人

    Author:大空澄人
    これまで自分の探求してきたものを 「いのちの波動」 というページ上で表現してきましたがPCのトラブルによりこのページに引き継がれました。一時的にご迷惑をおかけしましたことをお詫び申し上げます。

    リンク

    最新コメント

    メール宛先

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    検索フォーム

    カウンター

    地獄と極楽

    2019.08.02 09:57|インスピレーション

    キャッスルマウンテン 

    この世は地獄と極楽が混在するところであるが人々がこの世で見聞するものは地獄の様相を呈しているものが多い。人々は光を見たと思う間もなく黒い雲に包まれる。心配の種は尽きる事がない。その原因は人間が神の摂理に逆らって生きているからに他ならない。人間が神の摂理に順応して生きていけるようになれば今の地上世界の景色が変わるだろう。暗いものが姿を消し、光がこの世を支配するようになるであろう。それには長い年月を要するだろう。


    追記
    この地上世界はピンからキリまで霊的進化の度合いの違う者が同じ場所に住むという環境にあります。肉体を離れて霊的世界に行けば進化のレベルが同等な者が集まっているのでそういうことにはなりません。そしてシルバーバーチを始めとする高級霊界からの通信によれば地球は物的宇宙の中でも、かなり進化の遅れた一つの惑星であることが明らかにされています。その環境を考えると昨今の世の中の出来事はさもあらんと考えざるを得ません。

    また最近はあらゆる情報が地球上を一瞬にして駆け巡るので、聞きたくないものを聞かされ、見たくないものを見せられることになります。大半が不快な情報として入ってきます。この世で生きている限りテレビもインターネットも見ないで過ごすのは不可能に近いことです。昔ならば知らずにすんでいた情報が容赦なく入って来るので人々の心は振り回されてしまいます。その上、情報環境の変化と共に様々なものが生まれて一層世の中は複雑化して混乱に拍車がかかっているように感じられます。

    そういう環境の中で霊的真理を如何に生かしていくべきか、各個人の対応能力が問われていると思います。柔軟性と応用力が必要な時代になってきているのではないでしょうか。

    コメント

    No title

     今回の,悲惨極まりない,35人もの方々が亡くなられた京アニ放火事件も,以前,別の事件で指摘しておられたように,元オウム真理教死刑囚の地縛霊達が,犯人に憑依し,そそのかしてさせたものなのでしょうか。もし,そうだとすれば,彼らの動きを封じる方法は何かないのでしょうか。

    No title

    ポイ さん

    京アニ放火事件の背後にあったものが地縛霊の誘導である可能性は高いと思いますが、それとオームの死刑囚達との関連はわかりません。唯、言えることは未熟霊達が整然と組織立った犯行に及ぶことはかなり難しいのではないかと想像します。

    彼らも一人ひとり違うわけですからそのうちに自分の我が出てきて分裂してしまう可能性があると思います。地上の軍隊のようにはいかないでしょう。
    また憑依した人間を自在に操ることも難しいでしょう。

    何事にも消長があるのでそのうちに収まってくることを期待したいです。

    今回の京アニメの犠牲者の方の中には今でも自分の身に何が起こったのか理解できない人がいるかもしれません。そういう人を祈りによって少しでも導いてあげられたらいいですね。霊的真理を学んでいる人はこういう時こそ自分を役立てるチャンスではないでしょうか。
    非公開コメント