04 | 2017/05 | 06
    - 1 2 3 4 5 6
    7 8 9 10 11 12 13
    14 15 16 17 18 19 20
    21 22 23 24 25 26 27
    28 29 30 31 - - -
    最新記事

    カテゴリ

    プロフィール

    大空澄人

    Author:大空澄人
    これまで自分の探求してきたものを 「いのちの波動」 というページ上で表現してきましたがPCのトラブルによりこのページに引き継がれました。一時的にご迷惑をおかけしましたことをお詫び申し上げます。

    リンク

    最新コメント

    メール宛先

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    検索フォーム

    カウンター

    この世も霊の自己表現の場

    2012.12.08 09:48|インスピレーション
     

    その人の心に思う事、語ることや行為がそのまま自身の霊性を表します。それぞれの容姿や表情にもそれが表れます。それらも霊的表現なのです。この世においても人は直観力でお互いの霊性を無意識のうちに判断し合っています。この世も霊の自己表現の場なのです。

     

    人間同士の交流においては本当は言葉の内容そのものよりも霊的直観力が大きな影響力を持っています。霊的な事に理解がない人でも実は霊的な能力を使っているのです。それぞれの人の肉体を通して霊が自己表現しているのであり、肉体が自己表現しているのではないのです。



    補足
    丁度、今NHKの朝ドラ「純と愛」でそういうことが表現されているようです。主人公のパートナーは相手の言葉の裏に隠された本心を見抜く能力がありますが、それが霊的直観力です。通常ならば彼はこの世の汚れに負けない強さをこれから身に着けなければならないでしょうが、主人公がそれを補って余りある強さを持っているので二人で一つということなのでしょうか。これはあくまでもドラマの話です 。

    霊という言葉に抵抗がある人もいるかもしれませんが霊とはその人間を生かしめている本体であり、この物質世界においてその人間を通じて自己表現をしているものです。肉体の寿命が尽きるとそこから離れて非物質の世界で自己表現し始めます。この物質の世界での人生経験を通じて学んだものが次のステージでの生活の基礎となるので疎かには出来ないのです。 霊という言葉に馴染めないならスピリットと表現しても差し支えないでしょう。       大空

                  


    コメント

    非公開コメント