FC2ブログ
    11 | 2019/12 | 01
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -
    最新記事

    カテゴリ

    プロフィール

    大空澄人

    Author:大空澄人
    これまで自分の探求してきたものを 「いのちの波動」 というページ上で表現してきましたがPCのトラブルによりこのページに引き継がれました。一時的にご迷惑をおかけしましたことをお詫び申し上げます。

    リンク

    最新コメント

    メール宛先

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    検索フォーム

    カウンター

    霊界の集い

    2019.11.12 10:29|親族、友人の霊界便り
    高台寺 


    11月3日は母の命日であり母が旅立ってから丸6年になる。最近はよく顔を合わしていることもあり朝の瞑想の時に7回忌としての催しをしたほうがいいか母に尋ねてみると次のような返事が返ってきた。

    「家族の者が元気に暮らしている事が私には一番の供養になるので特別な事をする必要はない。それぞれが自分の道を歩んでほしい。お前とはこうしてよく交流しているから姿(母の)は見えなくても一緒に暮らしているようなものだ。一緒に暮らしていても互いに心を閉ざしている家族も多い。違う所に住んでいても心は通い合っているのだからそういう人達より遥かに幸せだ。衝突することもないし。お前の考えていることがよく分かるし生前よりも余程距離は近くなっている。皆(私の妻と子)に伝えておくれ」。

     

    それから少したって妻に相談してみたら時間が取れそうなので7回忌をすることにした。一応型通りの読経などをした後で妻がご詠歌を奉納した。いつものように犬も同席して。

    やはり途中から母が現れ、続いて叔母も姿を見せた。先ほど交流したばかりなので特に言いたいことはなさそうであったが二人とも笑顔一杯で喜んでいる様子が感じ取れた。我が家では母と交流する時には叔母(私の生みの親)も一緒に現れることが多い。

     

    昨日(11/11)の夕方ちょっと横になっていたら叔母の顔が見えた。昔風の藁ぶき屋根のような日本家屋の前に立っている。その家は小高い丘の上にあり大きな木が生えていてその光景は日本の昔話に出て来そうな感じである。叔母は若々しくて喜色満面という表情であった。それに続いて母の姿も見え、さらに叔父が現れた。しばらく間をおいて父がその場に来た。この世では誰かが来る場合は電話や車の音などその前触れがあるし、初めは遠くに姿が見えて次第に近づいてくるがあちらの人は前触れなしに急に目の前に現れる。そこが大きな違いである。

     

    どうやら今日は4人が集まることになっていたらしい。内容はよくわからないが私の直観では4人で歌など音楽を楽しもうという事かもしれない。叔父は生前、音楽の先生をしていたこともあり定期的にやっているのかなと思う。4人は仲良しで生前はよく一緒に旅行をしていてカナダ、アメリカ、中国、オーストラリア、ニュージーランド等に旅をしていたものだ。その関係は場所を変えて今も続いているのだろう。とても微笑ましいことであり、束縛の無い環境で本当に幸せそうであった。






    追記
    肉体の束縛から自由になると時間や地理的な制約も受けなくなるわけで、このケースのように直ぐに姿を現すことが出来るという事になります。人間は肉体に宿っている間はいろんな面で制約を受けているのです。死は籠に入れられた鳥が自由な世界に羽ばたいていくようなものであり、それを無理に引き留めたりいつまでも悲しんだりすることは霊的に無知であることの証明と言えるでしょう。
    また自分の親は元より霊界からは自分の心は丸見えであり、何一つ隠すことは出来ないのです。

    コメント

    非公開コメント