FC2ブログ
    11 | 2019/12 | 01
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -
    最新記事

    カテゴリ

    プロフィール

    大空澄人

    Author:大空澄人
    これまで自分の探求してきたものを 「いのちの波動」 というページ上で表現してきましたがPCのトラブルによりこのページに引き継がれました。一時的にご迷惑をおかけしましたことをお詫び申し上げます。

    リンク

    最新コメント

    メール宛先

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    検索フォーム

    カウンター

    悟りの度合いに応じて

    2019.11.18 09:13|インスピレーション


    それぞれの自分の人生を振り返ってみれば、これまでに遭遇したことで何の脈絡もなく起きたものは一つもない事がわかるだろう。自分の身の回りに起きる事は全て何らかの繋がりを持っていて無意味に起きるものは無い。全ては自分の行為と神の法則の絡みで起きたものである。それらの出来事にどう向き合うか、それが問われる事になる。悟りの度合いに応じて自分への影響は変わってくる。ある者は達観し、ある者はうろたえる事になる。






    追記
    人生を生きていると突然、身に覚えのない事が起きて何で自分にこんな事が降りかかってくるのかわからないということがあると思います。
    しかしその原因は以前に自分が関わった事であり、その結果に今、対面しているということになります。自分の見えないところで事態が静かに進行しているということがあるものです。それにも原因と結果の法則が働いているということになるでしょう。この世では何をしてもどこかに人の世の穢れが付きまとって来るものです。そういうものを達観して生きられるか否かは悟りの度合いを表すものであるというのがこのメッセージの趣旨です。

    コメント

    No title

     大空 様

     いつも心に響くメッセージをありがとうございます。
     そしてご無沙汰しております。

     母が他界して一年半になり、少しずつ前向きになっています。
     身内でも懸命に関わろうとしても(つもりですが‥(笑))
     情緒が通い合わない事を学んだ時間でした。

     でも不思議と大空様のブログやシルババーチ霊訓のおかげで
     心が「ざわざわ、はかはか」になる事が少なくなりました。
     「取り越し苦労」は腹の足しにもならないぞ!と言い聞かせながら
     過ごしています。

     本日のブログの内容が現在の心境にしみわたりました。
     ありがとうございます。

     追伸

     ○十の手習いとしてカメラを始めました。今は紅葉シーズンなので
     木々たちの素敵な写真を撮りたいと頑張ってます。

     *大空様のフォトギャラリーを楽しく拝見しています!


    No title

    ふくのあんさん
    以前のホームページを見て頂いているのですね。
    ありがとうございます。あれもお役にたてているのなら嬉しいです。

    身内であっても一人ひとりが違い、それによって感じ方も違ってくるので必ずしも自分の期待通りのものが返ってくるとは限りません。それが地上世界の構造なのですから当然といえば当然なのでしょう。最も自分に近い存在はこの世の人ではなく守護霊やその他霊界の住人であって今は自分が地上に修業に来ているので多少の孤独感を感じるのは無理もないですね。

    紅葉も進んできているようです。一度見に行こうと思っています。
    秋は日が短く自然界の活動も休止状態に入りますが静かで私は好きです。

    大空さん、こんばんは。
    いつもお世話になりありがとうございます。
    昨日、次女の突然の旅立ちから丸8年となりました。
    8年前、うろたえた…なんてものではありませんでした。家族みな、朝が来ることも受け入れられない日々でした。
    8年が経ち、大空さんにたくさん助けて頂いたおかげで、随分真理を理解できるようになりました。
    全く辛くない、達観しています…とは言えないかもしれませんが、少なくとも次女本人はとても良い処にいて幸せにしていることは実感しています。

    これからもよろしくお願い致します。

    追伸
    島が綺麗に色づく季節ですね!
    美しい紅葉の景色が目に浮かびます。

    No title

    mm mama さん

    その日は我が家でも今日はMさんの命日だねと話題になっていました。離別は他界した当人ではなくてその周囲の人にとって意味のあるものなのでしょう。他界した人は歓呼の再会をしたり新しい環境に移住して生き生きと暮らしているのに残された人たちは自分の周囲の環境が同じなので時間が止まったかのようにその場に立ちすくんでしまうということかもしれません。

    娘さんとの離別は mm mama さんの霊としての意識の上ではこの世の人生の大きなイベントとして承知済みのことだったと思います。それが普段の日常生活の上では意識に上ってこないから苦しみや悲しみとして感じるのですね。肉体に宿っている時と肉体から自由になった時に感じるものは別物といっていいくらい違うと思います。

    人生の大きなイベントは生前から計画されていたものが多いと思います。でもその時は分からず後になってわかるものです。娘さんはあちらで生き生きと暮らしていること、これは間違いないので残された家族がどう生きるか、すでに皆さん実践されているようですから私としては何も言うことはありません。

    こちら紅葉は今一つです。昨日寒霞渓へ見に行ってみましたがもみじは以前ほど色鮮やかではありません。ここ数年はくすんだような色になっています。やはり度重なる台風の影響かな?と皆で話していたところです。


    心にしみるお返事を頂きありがとうございます。読んでいる最中から背中がじんわりと温かく感じました。一緒に居ますね。
    最大級のイベントを与えられた今世を無駄にしないように、精一杯頑張らないと…ですね。

    今日は今までより少し寒くなりましたね。
    大空さん、ご家族さまもお身体に気をつけてお過ごし下さいね!

    No title

    mm mama さん

    はい、お互いに今生での日々を大切にしましょう。

    ご家族の皆様もお体に気を付けて毎日をお過ごしください。
    非公開コメント