05 | 2017/06 | 07
    - - - - 1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 -
    最新記事

    カテゴリ

    プロフィール

    大空澄人

    Author:大空澄人
    これまで自分の探求してきたものを 「いのちの波動」 というページ上で表現してきましたがPCのトラブルによりこのページに引き継がれました。一時的にご迷惑をおかけしましたことをお詫び申し上げます。

    リンク

    最新コメント

    メール宛先

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    検索フォーム

    カウンター

    目覚めること

    2012.12.26 15:35|インスピレーション
     

    人間が霊的に目覚めるのは容易ではありません。よほどの体験をするか霊界からの指導を受けるか、そのどちらかが必要です。日頃の生活で物質的波動に浸りきっている現代人にとって自分の本質(自分は肉体ではなく霊であること)に気づくことは簡単な事ではないのです。

     

    肉親との離別など極限の体験をすると、それまで自分を覆っていた物質の殻が取り払われ霊的な自分と言うものが顔を出してくるようになります。一方、直接霊的な世界を体験することによって霊的視野が広がってきますが、それには霊界からの波長を受信できる先天的要因を必要とします。そして一旦霊的な通路が開かれるとそれを維持するにふさわしい生き方が求められるようになります。それなりの責任が生じてくるのです。

    追伸
    霊的に目覚めるという言葉はつまるところ悟るという事だと思います。各自が人生体験の中からいかに真理を見出していくかということに他なりません。何かを学んで自分は悟ったなどと思っているとすぐにそれが試される場面が来て、あたふたとしている自分に気づきます。多分どこまで行ってもこれで悟ったということはないのでしょう。仏教用語や最近流行りのスピリテュアル用語を巧みに使いまわしてみても本当に分かっていないことはすぐにメッキが剥がれてしまいます。それは本当に分かっているという事とは違うのです。本当に分かるということは容易なことではなく生涯を通じての課題であり、そのために人はこの世に生まれてくるのでしょう。
    大空

    コメント

    非公開コメント