FC2ブログ
    06 | 2020/07 | 08
    - - - 1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 31 -
    最新記事

    カテゴリ

    リンク

    最新コメント

    メール宛先

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    プロフィール

    大空澄人

    Author:大空澄人
    これまで自分の探求してきたものを 「いのちの波動」 というページ上で表現してきましたがPCのトラブルによりこのページに引き継がれました。一時的にご迷惑をおかけしましたことをお詫び申し上げます。

    検索フォーム

    カウンター

    思い通りにならない世界

    2020.05.18 06:00|インスピレーション
    身代わり不動


    この世は自分の思い通りにならない世界。強い抵抗を感じる所。自分と合わない者のほうが圧倒的に多い所である。あなたは自分を鍛えるために地上に来ている。強くなるために自分が望んで来ている。今の悲哀や不条理はほんの一時的なものであり、この世を去れば霧が晴れるように消え去ってしまう。



    追記
    一昨日の朝(5/16)私の大学時代の友人が亡くなったという知らせを受けた。彼とは学生時代に部活動を通じて苦楽を共にした仲であった。卒業後も彼はよくこの世の不条理を嘆いていたものだ。そんな彼もそういう世界から解放されることになった。そのうちに彼から何らかのサインがあるかもしれない。

    コメント

    No title

    大空さま

    寒い日と暑い日が交互のここ最近。
    いかがお過ごしでしょうか。
    このところ更新が多くて嬉しいですが、反面、大空様の
    ご体調も気になります。
    何もなければよいのですが、しばらくは季節の変わり目ですので、
    くれぐれもご自愛ください。



    旧ページの絵日記なども当時の世の様子が垣間見られ、
    楽しく読んだり、年月が経っても色鮮やかな絵に感動したり。
    何より今の生活との違いが物のあるなし、便利不便だけではない
    ことにちょっぴり気が付いた気になりました。


    小豆島は若い世代には今は芸術の島、のイメージが大きい気がし
    ます。
    二十四の瞳の島、というイメージは、私アラカン世代ぐらいで終
    わりなのかもしれないですね。
    価値観の変容で、今はひと一人が生きている間に起きたことを、
    今ともに生きている人でさえ共感できる機会も少ない気がします。



    今日の文章では、なんだか先のこと(この世の修行を終える日)も
    またとても楽しみな気持ちになれました。
    おっしゃるように思い通りにならない日々で、
    今日は嫌なことも辛さも感じない日というのもあれば、何をして
    も(しなくても)うまくいかないことも、、、
    と、この世のしがらみや切りたいことから逃れられない日常を、
    そして、いきつもどりつ、いやいやもどってばかりの日常を、
    なかなか心静かにスルー出来ない自分への励ましになりました。

    いつもありがとうございます。

    お体、くれぐれもご自愛のほどを。。。

    No title

    ともちゃんさん
    私は楽しんで更新していますのでご心配なく。
    子供のころの日記や写真を載せる気になったのは自分がたどってきた人生の1ページとして残しておきたいと考えたからです。この先出来なくなる可能性もありますからね。

    改めて見ると幼少のころは心に汚れというものがありません。
    霊界にいたころの名残が残っているのでしょう。

    中学、高校と進んでいくと自分の小さな我が出てくるようになり、それが周囲との絡みで歪んで表現されるようになる事もあるのではないかと思います。歪むことなく人生を過ごせたらいいですね。歪んでしまうとその修正に苦労することになるでしょう。

    使命を持って地上に来ている霊は自分の今回の転生の目的が達成されるとさっさと霊界に帰ってしまうケースもあるようです。親は悲しみますけどね。

    最近更新が多いのは記事が溜まっているからです。中には1年前に感得したものもあります。それもあくまで自分のペースでやっています。

    世の中思い空気が充満していますがいつまでも続くものではないと思います。
    出来るだけ楽天的な気持ちで毎日を過ごしたいものですね。

    No title

    大空様

    >改めて見ると幼少のころは心に汚れというものがありません。
    >霊界にいたころの名残が残っているのでしょう。

    大空様の小学生の時のお顔、きれいだなと思ったのはそういうことだったのですね。書かれた絵日記の文章も思いがそのままのありのまま、邪心がなくて清々しい気が漂ってくる感じです。



    こうして記事を読ませていただくと、おかげさまで
    そうそうちゃちゃちゃっとスルーだったわ、と切り替えが進みます。

    溜まった記事たくさん!更新楽しみに待っております。

    ありがとうございます。






    非公開コメント